天平文化をつくった人々平城京への道

平城京への道 天平文化をつくった人々

相原 精次 著
A5判 / 190ページ / 並製
定価:2,200円 + 税
ISBN978-4-7791-1561-5 C0021
奥付の初版発行年月:2010年10月 / 書店発売日:2010年10月25日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

平城京遷都 1300年記念出版!平城京を舞台に花開いた天平文化形成への道を、天武天皇と前野讃良皇后、橘 三千代と藤原不比等、橘 諸兄、光明皇后、聖武天皇など主要人物の人間ドラマに焦点を当てつつ探る、新歴史読み物。約60のコラム、図版、イラストで分かりやすく解説。第4章「奈良歩き」でガイドブックとひと味違った奈良歴史探訪コースを紹介。

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

相原 精次(アイハラ セイジ)

1942年生まれ
主要著作
『文覚上人一代記』(青蛙房)
『かながわの滝』(神奈川新聞社)
『みちのく伝承』(彩流社)
『文覚上人の軌跡』(彩流社)
『かながわの酒』(彩流社)
『鎌倉史の謎』(彩流社)
『神奈川の古墳散歩』(彩流社)
『天平の母 天平の子』(彩流社)
『増補改訂版 関東古墳散歩 エリア別徹底ガイド』(彩流社)
『東北古墳探訪』(彩流社)

横浜市在住

関連書

ページの上部へ▲

タグ: ,