短歌が人を騙すとき

短歌が人を騙すとき

山田 消児 著
四六判 / 312ページ / 上製
定価:2,200円 + 税
ISBN978-4-7791-1496-0 C0095
奥付の初版発行年月:2009年12月 / 書店発売日:2009年12月15日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

どこかで引っかかっていた、歌の解釈をめぐる疑問が氷解する。
短歌や評論の世界がぐっと面白くなる!
短歌を詠む人だけでなく、広く文学を勉強する人に最適のテキスト
本当はいなかった「兄」の死を悲しむ歌、兵役を経験していない人が作った戦争詠
見てもいない風景、体験していないことを読んだとあとで知ったとき
いくら読んでも作者像が浮かび上がってこない歌人
読み方によって正反対の解釈ができる短歌、絵のようにレイアウトした短歌
上の句と下の句のつながりがよくわからない短歌……
予備知識のない通りすがりの読者である多くの私たちは、戸惑う

どう詠み(作者)、どう読んでも(読者)、自由。読者をいかに引き寄せ、
楽しませ、あるいは動揺させ翻弄するか。
そこにこそ、短歌創作の核心はある。
できあがった歌に最後に命を吹き込むのは、作者ではなく読者だ!

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

山田 消児(ヤマダ ショウジ)

歌人。1959 年生。短歌同人誌「遊子」「Es」所属。歌集『風見町通信』( 雁書館、1992 年)、『アンドロイドK』(深夜叢書社、1999 年)、『見えぬ声、聞こえぬ言葉』(作品社、2003 年)。

目次

 はじめに――短歌の中の「私」
第一章 穂村弘の「私」
  恐ろしいのは
  既視感のもつちから―穂村弘の歌を読む
  私を語る神
  「実感」という迷宮

第二章 まだ自らのために―「平井弘」論

第三章 歌人論の中の「私」
  写生短歌私論―佐藤佐太郎『しろたへ』を読む
  『方代』の中の方代
  〈岸上大作〉というドラマ
  歌が文学を捨てるとき
  俵万智のいる場所

第四章 嘘をつく「私」
  短歌は人を騙すか
  『紐育空爆之図』の挑発
  「私」に関する三つの小感
  事実は語る。―『靖国』と『戦争の歌』

第五章 韻律、定型、主題
  レイアウト短歌論
  正述心緒がもたらすもの―『昭和短歌の精神史』を再読する
  雛の声、蟷螂の斧―平井弘歌集『振りまはした花のやうに』の世界

関連書

ページの上部へ▲

タグ: ,