中島敦「古譚」講義

中島敦「古譚」講義

諸坂 成利 著
四六判 / 269ページ / 並製
定価:2,000円 + 税
ISBN978-4-7791-1494-6 C0095
奥付の初版発行年月:2009年11月 / 書店発売日:2009年11月27日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

中島敦生誕100周年記念出版!気鋭の比較文学者による「狐憑」「木乃伊」「山月記」「文字禍」=「古譚」の至高の講義。「中島敦の会」会長・田沼光明先生推薦。ボルヘスはじめ、多数の《固有名》が召喚される博覧強記の世界。

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

諸坂 成利(モロサカ シゲトシ)

1958年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科英文専攻博士後期課程修了。早稲田大学比較文学研究室助手、麗澤大学国際経済学部助教授を経て、現在、日本大学法学部教授。元旺文社大学受験ラジオ講座講師。『虎の書跡―中島敦とボルヘス、あるいは換喩文学論』(水声社、2004年)により、第9回日本比較文学会学会賞、第1回国際文化表現学会学会賞を受賞。

関連書

ページの上部へ▲