マチャアキ的文学論文庫はこう読め!

文庫はこう読め! マチャアキ的文学論

平岡 正明 著
四六判 / 328ページ / 並製
定価:2,200円 + 税
ISBN978-4-7791-1488-5 C0095
奥付の初版発行年月:2010年01月 / 書店発売日:2010年01月05日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

「本の旅路の涯に数頁の解説を書くこと、それは戦友に手紙を書くような匂いがして、戦塵や硝煙や血の匂う文学行為という一面がある」。30年分(34冊)の《解説》だけを集めた1冊。同時代へのアクチュアルなリアクション。

著者プロフィール

平岡 正明(ヒラオカ マサアキ)

1941年、本郷生まれ。早大文学部中退。1964年、『韃靼人宣言』刊行デビュー。1970年代後半より新左翼退潮後、辺境にある文学や芸能の評論分野で活躍。1993年、『浪曲的』斎藤緑雨賞。近年、平岡的落語論を刊行。著書多数。2009年7月9日逝去。平岡節は永久不滅。

関連書

ページの上部へ▲