ネズミ

ネズミ Las ratas

ミゲル・デリーベス 著, 喜多 延鷹 訳
四六判 / 232ページ / 上製
定価:2,200円 + 税
ISBN978-4-7791-1463-2 C0097
奥付の初版発行年月:2009年09月 / 書店発売日:2009年09月04日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

ノーベル賞候補のスペイン文学を代表する国民作家の記念碑的な作品! フランコ独裁政権下、作家として抵抗する作者デリーベスが、カスティーリャ地方の貧しい農村の描写を通して、その怒りを文学に昇華させたロングセラー!

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

ミゲル・デリーベス(デリーベス,ミゲル)

Miguel Delibes 1920年、スペインのバリャドリッド生まれ。2010年、バリャドリッドの自宅で逝去。1947年に『糸杉の影は長い』でナダル賞を受賞。その後、幅広い文学活動により数々の文学賞を受けている。1973年には王室アカデミーの会員となる。カスティーリャ地方を舞台とした作品が多いが、代表作として、『エル・カミーノ(道)』『赤い紙』『マリオとの5時間』『異端者』『灰地に赤の夫人像』(以上、彩流社)などがある。

喜多 延鷹(キタ ノブタカ)

翻訳家。
東京外国語大学イスパニア語学科卒 訳書  ミゲル・デリーベス『エル・カミーノ(道)』『灰地に赤の夫人像』(彩流社) ミゲル・デリーベス『好色六十路の恋文』(西和書林) フワン・ラモン・サラゴサ『殺人協奏曲』(新潮社)ほか

関連書

ページの上部へ▲