大リーグへの反論古式野球

古式野球 大リーグへの反論

佐山 和夫 著
四六判 / 212ページ / 並製
定価:1,900円 + 税
ISBN978-4-7791-1441-0 C0075
奥付の初版発行年月:2009年07月 / 書店発売日:2009年07月13日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

「哲学(フィロソフィー)」なきものに継承すべきものなどはない!
WBCで日本が2連覇。決勝の日韓戦は異常な熱気だった。しかし運営主導はMLB。ビジネスとしての「野球」を世界に拡張しようと目論む。だが「野球ビジネス」はいま、金と薬の問題で危機的状況にある。MLBのグローバル化がもたらした弊害だ。他方、米国に「ローカル野球」がある。「野球の原点に帰れ!」の合言葉に「古式野球」が注目されているのだ。「ビジネス化ベースボール」に警鐘を鳴らす男。「野球の哲学」とコミュニティーのリーグ戦まで、もう1つの「野球」を紹介する。

著者プロフィール

佐山 和夫(サヤマ カズオ)

作家。1936年和歌山県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。日本ペンクラブ、アメリカ野球学会、スポーツ文学会会員。1995年、ホフストラ大学より『日本とベーブ・ルース』でジョゼフ・アストマン賞。1998年、アメリカ野球学会(ニグロ・リーグ)からトウィード・ウェッブ賞等を受賞。主な著書には『史上最高の投手はだれか』(潮出版社、1984)『ベースボールと日本野球』(中央公論社、1998)等多数。

関連書

ページの上部へ▲