ジェンダー・エクリチュール・エスニシティケベックの女性文学

ケベックの女性文学 ジェンダー・エクリチュール・エスニシティ

山出 裕子 著
四六判 / 200ページ / 上製
定価:2,200円 + 税
ISBN978-4-7791-1433-5 C0098
奥付の初版発行年月:2009年04月 / 書店発売日:2009年04月21日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

カナダ・ケベックの女性文学を「ジェンダー」「民族の多様性」「移民」などのキーワードで読解。個性的な12人の女性作家とその作品を紹介し、ケベック女性文学史、ブックガイドともなる1冊。

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

山出 裕子(ヤマデ ユウコ)

お茶の水女子大学ジェンダー研究センター研究員。モントリオール大学比較文学科博士課程修了(文学博士)。フロリダ大学客員教授、モントリオール大学講師などを経て現職。主な著書に、『ケベックを知るための54章』(共著、明石書店、2009年)、Auto/biography in Canada:Critical Direction.(Ed.Julie Rak.Toronto:Wilfrid Laurier University Press,2005)、『移動する女性たちの文学 多文化時代のジェンダーとエスニシティ』(山出裕子 著、御茶の水書房、2010年)など。

目次

第1章 ケベックの女性文学とその背景
カナダの多文化主義/ケベックの近代化と「静かな革命」/ケベックの女性と社会/女性誌の役割

第2章 ケベックの女性文学の起源
ケベックの古典的文学に描かれた女性像/ガブリエル・ロワ――女性作家の登場/アンヌ・エベール――「新しい女性」の誕生/マリ=クレール・ブレ――フェミニスト文学の特徴

第3章 ケベックのフェミニズムと自伝的作
ケベックの女性文学と自伝文学/フランス・テオレ――自伝的作品の創造性/マドレーヌ・ウレット=ミカラスカ――自伝文学をめぐって

第4章 ケベックの複数民族性と英系モントリオール文学/ケベックの複数民族性/英系マイノリティとモントリオール文学/マヴィス・ギャラント――多様性のモントリオール文学/ロビン・サラ――英仏文化の共生

第5章 ケベック移民と女性文学1
女性移民作家と移民のエクリチュール/アンヌ=マリ・アロンゾ――身体の不動性と作品の可動性/ナディーン・ルタイフ――エスニシティを超えて/レジーヌ・ロバ――「外側の空間」の創造性

第6章 ケベック移民と女性文学2
アジア系移民作家の登場/イン・チェン――中国系移民女性のケベック文化批評/アキ・シマザキ――他者性とエスニシティ

関連書

ページの上部へ▲