バック・パッカー達のフィールドイスラエル・キブツの生活

イスラエル・キブツの生活 バック・パッカー達のフィールド

河野 元美 著
四六判 / 208ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-1431-1 C0026
奥付の初版発行年月:2009年04月 / 書店発売日:2009年04月21日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

夢を抱き、世界から集まったさまざま人生を背負った若者達が、ユートピアで目にしたものは?…1980年前後、ヘブライ語を習得するために8年間イスラエルの「農村共同体」で学び、そして生活し、脱日本をめざした青春の遺稿。

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

河野 元美(コウノ モトミ)

1944年5月12日生まれ。1973年3月 明治大学文学部仏文科卒業。1975年より欧州遊訪後、イスラエル・キブツに滞在。1976年4月 ウルパン初級(アーレフ)クラス入学(キブツ:ハ・オーゲン)1977年3月 ウルパン初級及び中級(ベイド)クラス卒業(キブツ:ハ・オーゲン)1980年12月 ウルパン上級(ギメル)クラス入学(キブツ:エイン・ハ・ショフェット)1981年5月 同クラス卒業。1987年2月 『ゲットーから来た兵士達 包囲された森林と都市』(シャローム・ホラフスキー著、翻訳、未来社)1987年 夏『バック・パッカー達のフィールド』原稿完成。1989年5月 結婚。結婚後も、イスラエル、西欧、東欧諸国への旅を続ける。2009年1月4日 群馬県吾妻郡嬬恋村にて死去。享年64歳。

目次

第1章 ボランティア生活 
ヨルダン国境のキブツ:ベイト・ゼーラ/キブツのフランス人カップル/外国語とは関西弁!! /異人種カナダ人ソーさんと西欧人の体臭/キブツでは社交性が第一/ユダヤ系アメリカ人マイケルのプレゼント/ドイツとイスラエルとの微妙な関係/日本人ボランティアの女性/苛酷なバナナの収穫作業/グレープ・フルーツの収穫とパレスチナ人農夫/「アポダ・カブア」

第2章 ウルパン生活 
ウルパン宿舎/私のルームメイト/友情が身にしみる/キブツのドンファン /ノーアリソンの悲劇/それでもキブツは息づく/アムステルダム出身のポーリン/弾丸娘ポーランド系ユダヤ人のエルザ/バラの花を意味する「ショシャナ」 /ユダヤ人意識を覚醒させる訓練の場/ヘブライ語の習得/集団社会の問題児/私のルームメイト/懲役拒否の代償を背負って/フランス人ウルパニスト/「ムシバ」は爆笑に包まれた/深夜の立回り  

第3章 友よ! そして旅立ち 
ウルパン教師のスパルタ教育に耐えて/ウルパン・ギメルの卒業 /「シャローム、モトミ!」/ボランティア生活とミュージック/ダブリンのダリーナ /ニュージーランドのジョン・デ・ゴルディ/U・S・Aのジェフリー/オーストラリア人のロス/南米系のオーストラリア人のセルジョオ/ユダヤ系アメリカ人リック/ハイデルベルク出身のガブリエル/オーストラリア移民のベンジャミン/カイロへの旅立ち/ベンの落書/別 れ 

第4章 イスラエルあれこれ 
セキュリティ・チェック/ヒッチハイクの旅 /アラブ人との奇妙な体験/ドライバーに命預けます/カイロへ/イスラエル民謡と夜の旅/海賊チャンネル /名曲「黄金のイエルサレム」

関連書

ページの上部へ▲