日本・ポーランド関係史

日本・ポーランド関係史

エヴァ・パワシュ=ルトコフスカ 著, アンジェイ・タデウシュ・ロメル 著, 柴 理子 訳
A5判 / 336ページ / 上製
定価:3,200円 + 税
ISBN978-4-7791-1414-4 C0022
奥付の初版発行年月:2009年05月 / 書店発売日:2009年05月22日
3200円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

多数のユダヤ人を救った杉原千畝大使は有名だが、戦前の日・ポ関係は、
日露戦争、第一次、第二次世界大戦と続く“戦争と革命”の時代、
政治的な交流が強かった。
知られざる日本外交の側面を描く好著。国交樹立90周年記念出版。

著者プロフィール

エヴァ・パワシュ=ルトコフスカ(ルトコフスカ,エヴァ・パワシュ)

ポーランド・ワルシャワ生まれ。現在、ワルシャワ大学教授。
専攻:日本文化・近代史、ポーランド・日本関係史。

アンジェイ・タデウシュ・ロメル(ロメル,アンジェイ・タデウシュ)

リトアニア生まれのポーランド人。ミシガン大学卒業。
1951-1986年、アメリカおよびベルギーで鉄鋼会社に勤務、
ポーランドの「鉄鋼王」として知られる
タデウシュ・センジミル(1894-1989)とも長年、懇意の関係にあった。

柴 理子(シバ リコ)

東京情報大学講師。
著訳書等に、
『ヨーロッパ周辺の近代 1780~1914  人間科学叢書』
(イヴァン・T. ベレンド ・ジェルジュ ラーンキ著、
柴 宜弘・今井 淳子・柴 理子・今村 労訳、刀水書房、1991年)、
『東欧  国際情勢ベーシックシリーズ ヨーロッパⅠ』
(百瀬 宏 ・柴 理子・今井 淳子・高橋 和著、自由國民社、
第2版 2001年・初版 1995年)、
『ポーランドを知るための60章』
(共著、明石書店、2001年)、
「ポーランドにおける地域統合と住民意識
―ポーランド・ドイツ国境地域を例に 」
(東京情報大学論集 16.2003.7)他がある。

関連書

ページの上部へ▲