原爆投下とトルーマン

原爆投下とトルーマン PROMPT AND UTTER DESTRUCTION

J・サミュエル・ウォーカー 著, 林 義勝 監訳
四六判 / 208ページ / 上製
定価:1,900円 + 税
ISBN978-4-7791-1375-8 C0031
奥付の初版発行年月:2008年09月 / 書店発売日:2008年09月16日
1900円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

“創られた神話”を解体し、原爆使用の真相に迫る。論争的なトルーマンの背後に潜む理由を分析し、指導者達に知られていたこと、知らなかったことを描きながら、米ソ関係および米国内政治の役割を検討。日本降伏にも新視点。

版元から一言

アメリカが日本に対して原爆を使用した理由を簡潔に説明した中で、著者はトルーマン大統領の非常に論争的な決定の背後に潜む理由を分析している。当時、アメリカの指導者たちに知られていたこと、知られていなかったことを描きながら、米ソ関係およびアメリカの国内政治の役割を検討する。
 そして、日本の降伏決定に関する新しい情報も含め、最近公表された研究成果を踏まえている。ソヴィエトの満州侵入が、天皇とその側近に戦争離脱の決定を決意させた効果をより強調することも忘れない。しばしば論争的になる議論を超越して、著者はこれまでの研究をわかりやすく総合し、核時代をもたらした最初の出来事の意味を問う。
●各誌の評
・この論争に関する素人にとっても最も有益な本である(Bulletin of the Atomic Scientists)
・著者のもっとも重要な論点を要領よくカバーする能力のおかげで、この領域の文献リストに格好の一冊が加えられた。特仁学生には有益である(Foreign Affairs)
・本書は非常に知的であり、バランスが取れており、簡潔で、明快であり、深く掘り下げられているので、これを読んだ読者は、原爆投下の決定は簡単なものであったとは決して信じることがないだろう(Technology &Culture)
・熟した、自信にあふれた研究成果…原爆投下の最も総合的な研究(International History Review)


(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

J・サミュエル・ウォーカー(ウォーカー,J.サミュエル)

J. Samuel Walker(J・サミュエル・ウォーカー)
ウォーカーは、メリーランド大学大学院Ph.D. (アメリカ史)、現在は合衆国原子力規制委員会に所属する歴史研究者。主要著作、Henry A. Wallace and American Foreign Policy (Westport: Greenwood Press, 1976)、Prompt And Utter Destruction;Truman And The Use Of Atomic Bombs Against Japan(The University of North Carolina Press,1996/2004、本訳書)、その他原子力規制関係の著書や論文多数。また、Three Mile Island: A Nuclear Crisis in Historical Perspective (Berkeley: University of California Press, 2004) は邦訳がある。(邦訳、西堂紀一郎訳『スリーマイルアイランド——手に汗握る迫真の人間ドラマ』ERC出版)

林 義勝(ハヤシ ヨシカツ)

カリフォルニア大学大学院サンタバーバラ校Ph.D. アメリカ外交史専攻。現在、明治大学文学部教授。共著に『アメリカ研究案内』(東京大学出版会、1998年)、『21世紀国際知的交流と日本』(中央公論社、2002年)、論文にメDiscrepancies between Rhetoric and Realities: U.S. Commitments to Its Major Wars during the Last Hundred Years,モ The Japanese Journal of American Studies, No. 9 (2001) などがある。また、訳書にロバ-ト・ダレック著『20世紀のアメリカ外交』(多賀出版、1991年)、マイケル・ホーガン編『アメリカ 大国への道——学説史から見た対外政策』(彩流社、2006年)などがある。

目次

改訂版へのまえがき 
初版へのまえがき 
第一章 二者択一の選択か 
第二章 これまで知られた中でもっとも恐ろしい兵器
第三章 「勝利への展望、一九四五年六月」
第四章 勝利への道
第五章 トルーマンとポツダムでの爆弾
第六章 ヒロシマとナガサキ
第七章「歴史におけるヒロシマ」
年表——太平洋戦争に関連した一九四五年の重要な出来事
解 説
訳者あとがき

関連書

ページの上部へ▲