ジャンルの成立と「語り」の構造欧米探偵小説のナラトロジー

欧米探偵小説のナラトロジー ジャンルの成立と「語り」の構造

前田 彰一 著
四六判 / 226ページ / 上製
定価:2,200円 + 税
ISBN978-4-7791-1352-9 C0098
奥付の初版発行年月:2008年07月 / 書店発売日:2008年07月11日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

E.A. ポー、E.T.A. ホフマン、コナン・ドイル、アガサ・クリスティ、ダシール・ハメット、レイモンド・チャンドラー…探偵小説はいかにして文学でありうる可能性を秘めているのか。時代を超えた物語の内的構造の分析の試み!

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

前田 彰一(マエダ ショウイチ)

前田彰一(まえだ しょういち) 1939年、長野県に生まれる。1964年、東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。千葉大学名誉教授。専門は、ドイツ・オーストリア文学、文学理論。著訳書に『物語のナラトロジー 言語と文体の分析 千葉大学人文科学叢書 3』(前田 彰一著、彩流社、2004年)、 『物語の方法論 言葉と語りの意味論的考察』(前田 彰一著、多賀出版、1996年)、『ウィーン・バウエルンマルクト 10 グリルパルツァー・自伝から』(前田 彰一 編、第三書房、1989年)、 『物語の構造 語りの理論とテクスト分析』(F.シュタンツェル著、前田 彰一訳、岩波書店、1989年)、『明解ドイツ文法入門』(前田 彰一・武田周一著、三修社、1986年)などがある。

目次

目 次   
第Ⅰ章 ジャンルとしての探偵小説       
a 探偵小説の定義と起源          
1 江戸川乱歩の定義          
2 小酒井不木の探偵小説論          
3 探偵小説と犯罪小説の違い          
4 探偵小説の古典的なモデル『オイディプス王』         
5 探偵小説に不可欠の推理の例・ヴォルテールの寓意小説『ザディグ』   
第Ⅱ章 探偵小説の創成期       
b Ε・T・Α・ホフマン          
1 素人探偵の登場          
2 探偵小説の古典的モデル『マドモアゼル・ドゥ・スキュデリ』         
3 探偵小説を構成する三つの重要な要素          
4 ドイツ・ロマン主義は幻想文学を生み出した       
c エドガー・アラン・ポー          
1 探偵小説の父祖          
2 いかにして小説であり、文学でありうるか          
3 ポーは環境を「抽象的デザイン」として表現する          
4 ポーの輝かしき想像力が産み出したデュパン          
5 知性と内心に巣くう狂気    
第Ⅲ章 本格探偵小説の展開       
d コナン・ドイル          
1 シャーロック・ホームズの創造          
2『ボヘミアの醜聞』にみるドイルの科学的論理         
3 ポーの『盗まれた手紙』の影響を受けた作品          
4 ホームズの推理の根拠       
e 手がかりによる認識論的方法          
1 オーデン、ドストエフスキー、カフカ         
2 モレルリ、フロイト、ドイル    
第Ⅳ章 探偵小説の黄金期       
f 守るべき創作上のルール          
1 アガサ・クリスティとともに始まる          
2 オースティン・フリーマンの「探偵小説の技法」          
3 「探偵小説十戒」、「探偵小説とその十則」、「探偵小説作法二十則」          
4 ドロシー・L・セイアズの探偵小説観       
g 倒叙探偵小説と犯罪小説          
1 フリーマンの代表作『オスカー・ブロズキー事件』         
2 推理小説の新分野を開拓したフランシス・アイルズの『殺意』         
3 探偵小説と犯罪小説の相違    
第Ⅴ章 探偵小説の「語り」をめぐって       
h 本格派探偵小説          
1 探偵小説の場合の語り          
2 探偵小説にとっての「語り」の機能          
3 魅力的な探偵像の創出          
4 異色の作家G・K・チェスタトンの『木曜の男』         
5 ノースロップ・フライの分類          
6 アリストテレスの「悲劇」論と探偵小説             
I ハードボイルド派          
1 英国流の優雅な謎解き小説の通俗化に歯止め          
2 サミュエル・ダシール・ハメットによるリアリズム文学の誕生          
3 『赤い収穫』の会話のリアリズム          
4 『マルタの鷹』の三人称の語り          
5 レイモンド・チャンドラーの『大いなる眠り』         
6 清水俊二訳の『長いお別れ』と村上春樹の新訳『ロング・グッドバイ』

関連書

ページの上部へ▲