ロゴスとポイエマの統合C. S. ルイスのリーディングのレトリック

C. S. ルイスのリーディングのレトリック ロゴスとポイエマの統合

ブルース・エドワーズ 著, 湯浅 恭子 訳
四六判 / 265ページ / 上製
定価:2,500円 + 税
ISBN978-4-7791-1245-4 C0098
奥付の初版発行年月:2007年03月 / 書店発売日:2007年03月06日
2500円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

『ナルニア国物語』で知られるC.S.ルイスは20世紀を代表する「文学批評家」でもあった。『ある批評における一つの実験』『廃棄された宇宙像』…「新批評」に対してリーディング行為の回復を訴え、対話の価値と意味を探った。

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

ブルース・エドワーズ(エドワーズ,ブルース)

ブルース・L・エドワーズ博士 (Dr. Bruce L. Edwards, Jr.) ボーリング・グリーン州立大学(オハイオ)英文学部教授。C.S.ルイスの研究者。オックスブリッジ学会(3年ごとのC.S.ルイス国際学会)やキルンズ・サマーセミナーを始め、様々な大学、学会、神学校でのC.S.ルイスに関する教育・講演活動に活躍している。 編集 C. S. Lewis: Life, Works,and Legacy (4 volumes)(Praeger Press, 2007)をはじめ著作多数。 Web site :http://www.pseudobook.com/cslewis  

湯浅 恭子(ユアサ キョウコ)

藤女子大学文学部英文学科卒業。カリフォルニア州立大学M.A.(humanities)取得。現在札幌大学女子短期大学部英文科助教授。C.S.ルイス学会員。北海道通訳者協会員。

関連書

ページの上部へ▲