日朝交渉を進めるために拉致問題と過去の清算

拉致問題と過去の清算 日朝交渉を進めるために

日朝国交促進国民協会 編
A5判 / 74ページ / 並製
定価:800円 + 税
ISBN978-4-7791-1173-0(4-7791-1173-0) C0031
奥付の初版発行年月:2006年05月 / 書店発売日:2006年05月09日
800円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

06年2月に日朝国交正常化交渉が再開され、「拉致問題」「国交正常化問題」「核問題」の三部会で議論がされた。新情勢を踏まえたシンポジウムの報告。「拉致問題と過去の清算」の二つの関連性と打開の方向性を探る。付録資料。(2006.5)

著者プロフィール

日朝国交促進国民協会(ニッチョウコッコウソクシンコクミンキョウカイ)

講演者…田中 宏、和田 春樹、高崎 宗司、中島 竜美、西野 瑠美子、洪祥進。

目次

はじめに
開会の挨拶 田中 宏(龍谷大学教授・日朝国交促進国民協会諮問委員)
批致問題と過去の清算 和田春樹(東京大学名誉教授・同協会事務局長)
日韓条約との関連から——補償問題を中心にして 高崎宗司(津田塾大学教授.・同協会理事)
在韓被爆者の問題から 中島奄美(フリージャーナリスト)
北朝鮮の元慰安婦たち 西野瑠美子(VAWW-NET ジャパン共同代表)
朝鮮人労働者の遺骨について 洪 祥進(朝鮮人強制連行真相調査団朝鮮人側事務局長)
付録資料

関連書

ページの上部へ▲