運命を変えた四十歳漱石の転職

漱石の転職 運命を変えた四十歳

山本 順二 著
四六判 / 205ページ / 上製
定価:2,000円 + 税
ISBN978-4-7791-1128-0(4-7791-1128-5) C0095
奥付の初版発行年月:2005年11月 / 書店発売日:2005年11月17日
2000円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

転職とは誰にとっても人生の重大事である。日本を代表する小説家を誕生させる契機となった「東京帝国大学教員」の椅子をなげうっての「転職」を巡って、旧来とは違う視点から漱石の生き様に焦点を当てる!

前書きなど

「その転職はまれに見る成功例に違いない。…しかし漱石が一直線に小説家に行き着いたわけではないことがわかる。様々な曲折を経て悪戦苦闘の末にたどりついたのであって、「なるべくして」と「なった」との間には長い暗鬱な時間が横たわっていた。」(「はじめに」より)

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

山本 順二(ヤマモト ジュンジ)

1942年愛知県生まれ。1965年名古屋大学文学部卒業。染色会社勤務を経て、1969年から2002年まで朝日新聞記者。

目次

はじめに
幼児体験と性格
揺籃期の学歴貴族
建築志望から英文学へ
「人生の出発」と煩悶
真の成人・松山から熊本へ
英国留学と精神的危機
再び教師生活
「本領」の問題
『猫』と二つの発見
岐路・学問と創作
職業としての文学
新聞社社員の小説家
「博士問題」と野心

関連書

ページの上部へ▲