『1Q84』のジェネシス村上春樹・戦記

村上春樹・戦記 『1Q84』のジェネシス

鈴村 和成 著
A5判 / 232ページ / 並製
定価:1,700円 + 税
ISBN978-4-7791-1052-8 C0093
奥付の初版発行年月:2009年08月 / 書店発売日:2009年08月21日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

★『1Q84』の解読はもちろん、村上春樹「作品」の全体像をあらためて提示する本格論考。
★80年代より、日本で最も早くから村上春樹を論じてきた著者による知的刺激にみちた「読み」と「村上ワールド」を追体験させる的確な引用。
★『知の技法』小林康夫との討議も収録。

前書きなど

骨太の村上論

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

鈴村 和成(スズムラ カズナリ)

★鈴村和成……詩人、文芸評論家。専攻は仏文学。著書『未だ/既に~村上春樹とハードボイルドワンターランド』(85年洋泉社)『アジア、幻境の旅』(集英社)『ランボーとアフリカの8枚の写真』(河出書房新社)ほか多数。

目次

▼Part1 『1Q84』リーダー……書下ろし。
▼Part2 村上春樹のノモンハンを行く……『ねじまき鳥クロニクル』の最重要キーワード「ノモンハン戦争」。村上と同じ砲声を聞きに吹雪のモンゴルを行く。現在にいたる「暴力」というテーマの根源へ。
▼Part3 村上春樹のイタリアを行く……イタリア3大篇『ノルウェイ…』『ダンス…』『TVピープル』が書かれたイタリアを歩く。
▼Part4 村上春樹と時代の無意識……小林康夫・中島隆博との討議。村上についての新テーゼも。
▼Part5 生成する「全作品」……『風の歌を聴け』から『アフターダーク』まで、作品間のネットワークを読む。

関連書

タグ:村上春樹
タグ:読書論

ページの上部へ▲

タグ: ,