文学/文芸の世界 現代社会を考える 歴史から学ぶ 思想/哲学に触れる 芸術/アートをたしなむ ビジネス/経済を読む 豊かにくらす 《フィギュール彩》

橘 しづゑ

名前 橘 しづゑ
カナ タチバナ シヅエ
プロフィール
1954年、静岡県生まれ。
長年、茶道と花道の研鑽を続ける。
50歳を過ぎ、それらの学問的な裏付けの必要性を感じ、
東京女子大学現代文化学部に編入し社会人学生となる。
1990年代、夫の赴任に伴い家族で1年間ボストンに住み、豪華絢爛な
ボストン美術館の日本コレクションに驚いた経験をもつ。
学部卒業論文ではボストン美術館アジア部長であった富田幸次郎を
とりあげる。大学院時代には、二度の渡米調査を試みつつ独自に調査を重ね、
博士論文『富田幸次郎研究──日米文化交流における役割』を執筆。
東京女子大学大学院人間科学研究科修了。博士(人間文化科学)。*

※最新情報と異なる場合があります。

著作一覧