『海風が良い野菜を育てる』
紹介されましたーー『やさい畑』『自然と人間』『読売新聞』『望星』

2013 年 5 月 29 日 水曜日

978_4_7791_1893_7.jpg

※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

◆「野菜づくりの醍醐味を改めて気づかせてくれる1冊です」(『やさい畑』2013.summer)

◆「ページを開くたびに、土のにおい、海風のにおい、そしてみずみずしい野菜のにおいがしてくるよう」(『がんサポート』2013.7)

◆「本の中で目の醒めるような言葉に出会うと、うなずく代わりにページの角を折るクセがある。この折り目は「犬の耳」というそうだ。本を読んで幾度もうなずいてしまうと、結果、本は犬の耳だらけになってしまう。そうなった本は不格好ではあるが、感慨深いものだ。/写真家・丹野清志さんが、野菜を作る人々の暮らしを訪ねたこの探訪記は、私にとってそんな本の一つになった」(『望星』2013.7月号)

◆「食と農について考えるためのヒントを得られる」(『読売新聞』東京版, 2013.5.31)

◆「本書は、いま静に農を再発見する全国農人紀行」(『自然と人間』2013.6)

 

 

『村上春樹とイギリス』
紹介されましたーー『日経新聞』『共同通信』

2013 年 5 月 23 日 木曜日

978_4_7791_1890_6.jpg

※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

◆「従来アメリカの文脈で語られるばかりだった村上像。そこの一撃を加える、真摯な批評精神が、ここにある」(『共同通信』2013.5.26/佐賀、岐阜、山陰、中国、信濃毎日)

◆「米国の作家から多大な影響を受けたとされる村上春樹の作品を英文学の観点から論じ、その文学的なルーツを探る」(『日本経済新聞』(夕刊、2013.5.15)

 

『蒙古襲来のコリア史』
書評されましたーー『世界日報』

2013 年 5 月 21 日 火曜日

978_4_7791_1886_9.jpg

※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

 

◆「視点を変えると、歴史の意外な真相が分かって面白い」(『世界日報』2013.5.12)

 

『マリ近現代史』
紹介されましたーー『東洋経済日報』『日本経済新聞』『夕刊フジ』

2013 年 5 月 21 日 火曜日

978_4_7791_1888_3.jpg

※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

◆「ほとんど知られていないマリ共和国の複雑な歴史、情勢を、切手図版等で平易に解説」(『夕刊フジ』2013.7.3)

◆「郵便資料から地域の歴史を読み解く『郵便学』を提唱する著者らしく、マリや周辺地域の写真に加え古い切手や商品ラベルなどをふんだんに盛り込んだ構成が目を引く」(『日本経済新聞』2013.5.26)

◆「ほとんど知られていないマリ共和国の複雑な歴史、情勢を、切手図版等で平易に解説」(『東洋経済日報』2013.5.17)

 

 

『ジェンダーと「自由」』
書評が掲載されましたーー『朝日新聞』

2013 年 5 月 14 日 火曜日

978_4_7791_1875_3.jpg

※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

 

◆「……昨今はセクシュアル・アイデンティティーの多様性が論じられ、新たな消費市場概念としても再定義されつつある。だがこの拡散とゆらぎは、果たして差別解消に寄与するのか。再考すべき問いかけに満ちた、刺激的な論集である」(『朝日新聞』2013.5.12)

『躍動する沖縄系移民』(琉球大学「人の移動と21世紀のグローバル社会」)
紹介されました――『ニッケイ新聞』

2013 年 5 月 12 日 日曜日

978_4_7791_1709_1.jpg

※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

 

◆「興味深い内容が列記された11章編成」(『ニッケイ新聞』2013.4.27)

 

『千葉の地酒とうまい肴』
紹介されました――毎日新聞(千葉版)

2013 年 5 月 12 日 日曜日

978_4_7791_1889_0.jpg

※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

 

◆「約20年かけて回った酒蔵や酒の豆知識、魚料理を中心とした郷土料理などを紹介している」(「全国の酒蔵 巡って20年」『毎日新聞』2013.5.3)