『ヴォルガのドイツ人女性アンナ』
紹介されましたーー『毎日新聞』『読売新聞』

2013 年 4 月 22 日 月曜日

978_4_7791_1885_2.jpg

※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

◆「歴史の大きな流れを鳥瞰する仕事も大切だが、アンナの手記に描かれたようなミクロの視点も忘れてはならない。本書はそのことを語りかけているように思われる」(根井雅弘氏『KINOKUNIYA書評空間BOOKLOG

◆「現在に尾を引くボルガ・ドイツ人の問題にとどまらず、異なる民族がどのように共生すべきかを考えさせる好著」(『読売新聞』2013.5.26)

◆「……ヴォルガ・ドイツ人の存在すら知らなかった人々には、楽しんで読める入門書となっている」(『毎日新聞』2013.4.21)

『ボサノヴァの真実』
紹介されましたーー『レコードコレクターズ』『intoxicate』『ミュージックマガジン』

2013 年 4 月 18 日 木曜日

978_4_7791_1856_2.jpg

※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

◆「……ボサ・ノーヴァという音楽の範疇で語られる人たちはもちろん、その前史や影響を受けた後継者たち、あるいは日本人の“ボサノヴィスタ”まで紹介されているのだから大変だ。しかもそれぞれの紹介文はどれも力作なので、読み飛ばすわけにはゆかない」(『ミュージックマガジン』2013.5月号)

◆「ボサノヴァを語る前に必読の一冊」(『intoxicate』103号)

◆「……この本は、ボサノヴァについて統括的に語った日本語による第一級資料であると同時に、著者が追い続ける「ブラジル音楽とは何か?」というテーマにも肉薄している。実際にボサノヴァ演奏を目指す方にとっては、ブラジリダーヂの良き指南書となるだろう」(『レコードコレクターズ』2013.5)

 

『新訳 ドン・キホーテ』
紹介されましたーー「神奈川大学評論」

2013 年 4 月 18 日 木曜日

978_4_7791_1845_6.jpg

新訳 ドン・キホーテ〔前編〕

新訳 ドン・キホーテ〔後編〕

 

◆「新訳には、まるで剣豪小説でも読むような工夫と仕掛けがなされている」(「神奈川大学評論」2013.3)

 

『いのちに共感する生き方』
紹介されましたーー『ふぇみん』

2013 年 4 月 13 日 土曜日

978_4_7791_1848_7.jpg

※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

◆「著者がアイヌ世界と出会って、信念を持つようになり、いかに活動を続けてきたかという軌跡は、日本の動物・環境保護史そのものと言っていい」(「AERA」2013.4.22)

◆「身近な生き物から地球、宇宙まで見通すその思想に触れたとき、「共感は人間の社会活動の源泉」という言葉は深くしみる」(『ふぇみん』2013.4.15)

『日本のお葬式はどう変わったのか』
紹介されましたーー『週刊読書人』

2013 年 4 月 13 日 土曜日

978_4_7791_1836_4.jpg

※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

◆『福島民友』(2013.5.24)

◆「通夜や葬式を単なる面倒な儀礼ととらえるのはもったいない。死や生を考え、縁を感じる貴重な機会にしようと提言する」(『河北新聞』2013.4.14)

◆「まだまだ先の事と思っていると突然やってくるかもしれない「お葬式」のことについてわかりやすく教えてくれる一冊」(『週刊読書人』2013.4.12)