『「澤の屋旅館」はなぜ外国人に人気があるのか』の書評記事が共同通信社にて配信されました!!全国地方紙に続々掲載中です。

2010 年 4 月 22 日 木曜日

sawanoyaryokanhanze.jpg

驚異の客室稼働率95%を誇る澤の屋旅館。その9割が外国人。外国人宿泊客の受け入れを始めて延べ14万人。主人・澤功氏は2003年「観光カリスマ」に、さらに2007年に「地域活性化伝道師」にも任命。その秘密に迫る。

「本書を読み、日本の旅館は今すぐ見習ってほしいと思わずにいられなかった。顧客本位のホスピタリティを貫けば、豪華な設備がなくても客は選んでくれるのだ。観光立国を目指す指針ともなろう。草の根の交流の現場に吹く新しい風を感じさせてくれる。」(京都新聞10.4.25、神奈川新聞10.4.18付 杉山由美子・評)