アメリカン・テロルが図書新聞(10.31号)にて大きく書評されました!!

2009 年 10 月 26 日 月曜日

amerikanteroru.jpg

テロという「部分」に、国家という「全体」で向き合ってはならない。話題の書『リブラ』論じた都甲幸治の「テロリストの肖像」から、巽孝之の「語るのは誰か?——エコテロリズムの物語学」まで気鋭の研究者12名が執筆。

「国内のアメリカ研究者12人の論文を集めた本書は、対テロ戦争に至るアメリカの内面を文化・文学の領域から解き明かそうという試みだ。その対象は、アメリカ小説の祖、チャールズ・ブロックデン・ブラウンからアメリカン・ルネッサンスの代表格ナサニエル・ホーソーン、モダニズムの巨匠ウィリアム・フォークナー、ケネディ暗殺の悲劇を物語化したドン・デリーロに加え、映画『オクラホマ!』(1955)等、実に幅広い。」(図書新聞10/31号より)

『快楽亭ブラックの毒落語』が東京かわら版(11月号)、朝日新聞(10/17付)、東京・中日新聞と毎日新聞(10/11付)にて大きく書評されました!!

2009 年 10 月 13 日 火曜日

kairakuteiburakku.jpg

『志ん生的文楽的』『大落語(上・下)』『哲学的落語家』と激しく連打された平岡的落語論。遂にアノ快楽亭の《毒落語》を徹底解剖した!
(1)オマン公社(2)川柳川柳の芝浜(3)けとけと(4)朝鮮人の恩返し(5)英国密航(6)怪物忠臣蔵(7)全女番(8)人性劇場(9)せむし茶屋 (10)イメクラ五人廻し(11)オナニー指南(12)文七ぶっとい(13)道具屋・松竹篇(14)蛙茶番(15)紀州飛脚(16)快楽亭のお血脈という ブラックによる「毒落語」を、「極端観念」と「シュルレアリスムの手法」とで押しまくるマチャアキ的ソロ。「落語コード」を分解し新たな「批評モード」を 創造。「落語」そのものを超えてしまった批評。

「快楽亭ブラックのエロと反逆の落語を真正面から真摯に分析した、至極真面目な落語論。」(東京かわら版09年11月号より)

「今月7月、68歳で亡くなった著者が、入院前に編集者に託した最後の本。もっとも、本人は退院するつもりだったろうけど。落語の毒を抽出し、パロディーで濃縮したような当代快楽亭ブラックの高座を楽譜に、即興演奏を次から次へと繰り出す平岡節は、もう新しく聴けないのか。」(朝日新聞10/17付より)

『古式野球』が朝日新聞(10/4付)、読売新聞(9/6付)にて大きく書評されました!!

2009 年 10 月 5 日 月曜日

kosikiyakyuu.jpg

「野球ビジネス」はいま、グローバル化による金と薬の問題で危機的状況。他方、米国では「野球の原点に帰れ!」の合言葉に「古式野球」が注目されている。「野球の哲学」やローカルなリーグ戦まで、もう1つの「野球」を紹介。

「本書を読むと、日本の野球も本来の良さを失いつつあるのではないかと感じられてくる(ちなみに、日本にも古式野球のチームはある)。野球の歴史と本来のおもしろさ、そしてそれを育んできたアメリカを知るのに絶好の本である。」(評・久保文明 「朝日新聞10/5付」より)

『ひたすら歩いた沖縄みちばた紀行』が「Roof top(09.9月号)」(LOFT発行のフリーペーパー)、琉球新聞(9/27付)、東京新聞(9/8付)、日刊ゲンダイ(9/10付)、旅の手帖10 月号、オーシャンライフ10月号にて紹介&書評されました!くわえて共同通信社でも紹介記事が配信され、各地方紙に続々掲載中!!

2009 年 10 月 5 日 月曜日

hitasuraaruitaokinawa.jpg

「車を降りて、歩こう」――大通りの裏側で遭遇した、まだ見ぬ沖縄。突拍子もないできごと。みせかけのトロピカルではない、ふつーのウチナーンチュにこそ想定外のおもしろさ、知恵、発想、思いやり、光と陰がある。

「文字通り、著者がひたすら歩いて出会った、路地裏や街角の「名もなき沖縄」。首里では世界遺産ではなく住宅街の一角に生き残る築60年近いピンク映画へ。海人の町・糸満の、市場の食堂でおばあちゃんのよもやま話の相手などしつつ、気付けば6時間。」(Rooftop 09.9月号より)

「このカベルナリアさんの本に登場する場所やそこの暮らし自体は、沖縄人には珍しいものではないだろう。けれど歩くことでしか見えないもの、出会えないものは、思った以上に多い。本書はそのことをあらためて実感させてくれる。」(琉球新報9/27付より)

「沖縄の土地と人と味への筆者の愛情が伝わってくる。リゾート地に行って帰るだけじゃつまらない。沖縄に暮らす人のペースで、町をゆっくりと歩いてみたくなる。」(信濃毎日新聞9/6付より)