『憎悪と和解の大江山』が聖教新聞(9/9付)、毎日新聞【京都】(8/15付)、読売YC加悦谷第85号(8/9付け)、京都新聞(8/4付)、朝日新聞【京都 丹後・丹波版】(8/1付)にて訳者とともに大きく紹介されました!!

2009 年 9 月 10 日 木曜日

zouwotowakainoooe.jpg

第二次大戦中、香港で日本軍の捕虜となった英国軍兵士が体験した、京都・大江山俘虜収容所での強制労働とはどのようなものだったのか。苦悶の日々と、時を経た和解へ至る道を綴った手記。訳者による詳細な解説・資料を付す。

「彼は戦後30数年、日本での体験を語らなかった。戦争神経症の発作が彼を苛み続けていた。その彼がテレビ局の戦後40年の特別番組に協力し日本再訪を決 意。そして、この大江山捕虜収容所の地に、苦難のうちに亡くなった多くの戦友たちを偲んで小さな慰霊碑を建てたいと申し出た。この要望は、日本側の全面協 力によって実現! エバンスは「最高の自然」の地で大歓迎され、笑顔のうちにウェールズと大江山の平和交流が始まった。あの戦争を心の側から見つめ直す日 本人必読の俘虜記。」(聖教新聞9/9付より)