読み物一覧

ほんのヒトコト

イケ彩ダメ彩

  • 散歩

    先日の夕方、日も暮れてだいぶ涼しくなった頃、買い物帰りに商店街を通っていると、ペット?と散歩している女性を見かけました。   その人は対面から歩いて来ていたのですが、右側になにかモコモコしたものが載っているのが [...]

  • 原民喜の初期幻想傑作集が出来て…。

    すでに、発売になっておりますが…、見本が出来た日の朝のこと。 今日は、ちょっと特別な日。 自分の編集担当本が出来るときはいつも特別なのですが、本日見本が届いたのは原民喜のアンソロジーです。 彩流社からは長山靖生先生の編集 [...]

  • いま、「講談」が熱い!?

    今年2月に出版した『おやこで楽しむ講談入門』 (宝井琴星・監修、稲田和浩、小泉博明、宝井琴柑・著)は好評につき、すぐ増刷することになった。 その背景には、「東京新聞」(2018.4.15)文化欄で「人生に役立つ! ビジネ [...]

  • シンポジウム「21世紀に求められる 人文科学と大学教育ー大学改革と人間形成」

    昨日は、国際メディア・女性文化研究所の設立記念シンポジウムを拝聴しに日本女子大学まで行ってきました。 題目は「21世紀に求められる 人文科学と大学教育ーー大学改革と人間形成」でした。 濃密な4時間でした。パネリストとして [...]

ワンピースのマンガ学

  • 【巻13】

    ウイスキーピークの住人たちとの戦いが続く。町長のイガラッポイは、ラッパのかたちをした散弾銃(イガラッパ)の他に、イガラッパッパという小型のミサイルも持っている。イガラッポイの頭髪は大きくカールしていたが、その渦巻き状のカ [...]

  • 【巻12】

    ここからルフィたちは「追われる立場」になる。すでに海軍から指名手配されたときから「追われる立場」ではあるものの、バギーは「クソゴムとの決着」(100)をつけるため、スモーカー大佐は上官に逆らうことを覚悟で管轄を離れてまで [...]

  • 【巻11】

    アーロンは「歯(トゥース)ガム」攻撃の代わって、魚人ならではの攻撃を見せる。水中に潜り、陸上の敵めがけて加速をつけ、とがった鼻でダーツのごとく相手を狙い撃ちする「鮫・ON・DARTS(シャーク オン ダーツ)」である。サ [...]

  • 【巻10】

    いよいよ対決のときである。ルフィたち四人は敵の本拠であるアーロンパークに乗り込んでいく。アーロンは「帝国」を築くと言っていたが、幹部が数人とあとは多数の下っ端という単純な階層の組織で、いくつかの村落を脅して「奉貢」を納め [...]

さいりゅうしゃネコ