読み物一覧

ほんのヒトコト

イケ彩ダメ彩

  • 「作家と楽しむ古典」に行ってきました

    こんにちは。ダーシーです。 2月15日に、『映画原作派のためのアダプテーション入門』の著者である波戸岡景太先生がゲストでご登壇された、「古川日出男『平家物語』「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」連続講義 作家と楽しむ古典 [...]

  • インフルエンザ

    先週末体調を崩し、季節柄タイミングもあって、病院でインフルエンザの検査を 受けました。 驚いたのが、来ていた患者さんの殆どが、インフルエンザの検査待ちをしていたこと。 結構待ちました。検査結果は陰性で、後を引かずに済みほ [...]

  • 「個人蔵書」の整理について

    過日、先般物故された出版界の先輩であるK・T氏(元ダイヤモンド社)の形見分けを頂戴するため二子玉川のご自宅に伺った。 遺族としてはK・T氏が大事にしていた蔵書を捨てるのは忍びない。だが、自宅のスペースには限りがある。それ [...]

  • 冬の入浴

    年末あたりからちょいちょい感じていた腰の痛みが、ここ最近晴れて本格的なものになりました。 職場はとっても寒くて(エアコンがぜんぜん効いてくれないし、底冷えが強烈)、外套をはおっていても指先や足先はいかんともしがたいときが [...]

ワンピースのマンガ学

  • 【巻13】

    ウイスキーピークの住人たちとの戦いが続く。町長のイガラッポイは、ラッパのかたちをした散弾銃(イガラッパ)の他に、イガラッパッパという小型のミサイルも持っている。イガラッポイの頭髪は大きくカールしていたが、その渦巻き状のカ [...]

  • 【巻12】

    ここからルフィたちは「追われる立場」になる。すでに海軍から指名手配されたときから「追われる立場」ではあるものの、バギーは「クソゴムとの決着」(100)をつけるため、スモーカー大佐は上官に逆らうことを覚悟で管轄を離れてまで [...]

  • 【巻11】

    アーロンは「歯(トゥース)ガム」攻撃の代わって、魚人ならではの攻撃を見せる。水中に潜り、陸上の敵めがけて加速をつけ、とがった鼻でダーツのごとく相手を狙い撃ちする「鮫・ON・DARTS(シャーク オン ダーツ)」である。サ [...]

  • 【巻10】

    いよいよ対決のときである。ルフィたち四人は敵の本拠であるアーロンパークに乗り込んでいく。アーロンは「帝国」を築くと言っていたが、幹部が数人とあとは多数の下っ端という単純な階層の組織で、いくつかの村落を脅して「奉貢」を納め [...]

さいりゅうしゃネコ