未分類

産婆さんを訪ねて 第5回

2019 年 10 月 15 日 火曜日

第5回 腹帯が配給された

むらき数子

●産婆さんを頼む家

1930(昭和5)年、市村よつさん(1892=明治25生)は、茨城県結城郡江川村七五三場(ゆうきぐん・えがわむら・しめば)(現・結城市)で産婆を開業しました。江川村村長である兄に「江川村には産婆がいないから江川へこないか」と呼ばれて、教員の夫と七五三場に定住したのでした。

七五三場から橋を渡れば猿島郡幸島村諸川(さしまぐん・こうじまむら・もろかわ)(現・古河市)です。諸川は、池田さとさんが活躍していた境町(連載第3回)から県道結城野田線(江戸時代の日光東街道)を12km北上した町場です。諸川は大正時代には関東有数の大地主地帯とよばれた幸島村の中心地であり、半農半商・半農半工の家々と多角経営の大地主の屋敷との周囲には畑作の純農村が広がっていました。「大尽(でえじん)どん」と呼ばれた大地主の屋敷に市村よつさんは呼ばれました。

「おふくろがとりあげたのは、お大尽(だいじん)・多額納税者のうちばかりだったと思います」

と息子・市村有(たもつ)さんは結城郡・猿島郡の多くの村の名を挙げてくれました。

資格を持つ産婆に分娩介助だけでなく、お宮参りなどの儀礼への関与も頼み、その後もオビトキ(七五三)の赤飯を届けるなど、丁寧につきあうのは、村々の数%程度の家でした。 (続きを読む…)

耳にコバン ちょっとためになるボク的ロックンロール通信 第5回

2019 年 10 月 15 日 火曜日

第5回 喫茶店備忘録

コバン・ミヤガワ

 

 

果たしてボクは善い人間か、悪い人間か。
あなたは、善い人間ですか? それとも悪い人間ですか?
自分自身の善悪の判断は、生活していると多かれ少なかれ常に頭のどこかに佇む問題だ。何をどうしたら善い人間になり、どこをどう間違ったら悪い人間になってしまうのだろうか。 (続きを読む…)

ひあり奈央の占星術 10/1〜10/31

2019 年 10 月 1 日 火曜日

ひあり奈央

9月中旬以降までは残暑が厳しく、災害などもあって体調がすぐれなかったり、やる気はあるものの、行動の焦点が定まらずに能率が上がらなかった人も多かったかもしれません。9月23日に秋分、9月29日にてんびん座の新月を迎え、星々の空気感はすっかり秋の雰囲気となりました。秋は人間関係の季節でもあります。突然に関係が始まるなど、関係性が変化する可能性があるでしょう。秋は収穫の季節でもあります。春から漠然と考えていたことが、はっきりと形になって現れてくる時です。抽象的だったアイデアが急速に形になり始める時でもあるので準備をしておきましょう。10月4日前後からは、関係性が活発になり過ぎ、トラブルを呼び込むこともありますので注意をしながら進んでください。

また今年の10月は特に、どんなことも思ったことが形になりやすい1カ月です。10月末の次の新月までは、「思考は現実化する」を体現するタイミング。秋の夜に、一人で成し遂げたい自分像や未来像を妄想し、想像する時間を持つことをオススメします。この機会にぜひ長期ビジョンを練りましょう。

(続きを読む…)

■終了■【お知らせ】10/25(金)「まちかどアカデミー」開催!@出版クラブ

2019 年 9 月 26 日 木曜日

■■■終了しました■■■

 

_________________________________A21007.jpg

【日 時】

2019年10月25日(金)19:00~20:30 (18:30開場)

【場 所】
出版クラブビル 3階(神田神保町)

【主 催】
まちかどアカデミー実行委員会

【参加費】
1000円 (会場でお支払い)

→ 参加お申し込みはこちら(定員になり次第締切)

 

【内 容】
日本の未来を創るために、人口の歴史を知ろう!
― その増減メカニズムと、持続可能な社会への処方箋 ―

日本は既に①縄文 ②平安末〜鎌倉初期 ③江戸、の3度にわたって大きな人口変動を経験してきました。『人口から読む日本の歴史』(講談社学術文庫)の著者で歴史人口学の権威である鬼頭氏が、過去の人口循環メカニズムを読み解きながら、今起きている人口減少の意味が明らかにします。地方創生、医療・介護、SDGs、新規事業開発などの課題に取り組んでいる皆様、新たな視点が得られます。ぜひご聴講ください。

 

【講演者】
鬼頭 宏

歴史人口学者。1947年生まれ、静岡県出身。

静岡県立大学学長。日本における歴史人口学の祖・速水融に学ぶ。「宗門人別改帳」などの史料をもとに、縄文時代から江戸時代までの人口推移を初めて明らかにした。専門分野は日本経済史、歴史人口学。日本生活学会今和次郎賞、日本人口学会普及奨励賞を受賞している。

→ 参加お申し込みはこちら(定員になり次第締切)

 

【講演の中で、こんな名著を紹介します。イベント参加後は、多くの古典を読破した気分になれるかもです!】

『人口から読む日本の歴史』(鬼頭 宏著)

増加と停滞を繰り返す、4つの大きな波を示しつつ、1万年にわたり増え続けた日本の人口。そのダイナミズムを歴史人口学によって分析し、また人々の暮らしの変容と人生をいきいきと描き出す。近代以降の文明システムのあり方そのものが問われ、時代は大きな転換期にさしかかった。その大変動のなか少子高齢化社会を迎えるわれわれが進む道とは何か。

→ 参加お申し込みはこちら(定員になり次第締切)

 

『人口論』(マルサス著)

人口は等比級数的に増加するが、食糧は等差級数的にしか増加しない――。
人口急増期を迎え、人口増こそ富める国の証しとされた18世紀ヨーロッパで、その負の側面に切り込んだマルサス。
ケインズが「若々しい天才の作品」と評した論争の書は、今なお人口問題を考えるうえで多くの示唆に富む。

→ 参加お申し込みはこちら(定員になり次第締切)

 

『文明の生態史観』(梅棹忠夫 著)

生態史観に基づく近代化の複線理論。世界史に革命的な新視点を導入した比較文明論の名著。

→ 参加お申し込みはこちら(定員になり次第締切)

 

『資本論』(マルクス 著)

唯物史観に基づく歴史の単線理論。19世紀の半ばに出版された本だが、この200年の間に出た中で全世界に最も影響を与えた本のひとつであることは間違いない。

→ 参加お申し込みはこちら(定員になり次第締切)

 

『日本文化史研究』(内藤 湖南 著)

日本文化は、中国文化圏の中にあって、中国文化の強い影響を受けながらも、日本独自の文化を形成してきた。著者の日本文化を見る視点は、1つは中国の歴史の専門家として、もう1つは、日本人としての立場から、その本質をするどく洞察する。また、歴史への考察はもとより、書道・水墨画など幅広く日本文化を論じ、歴史家としての知識とその見透しの確かさ、秀れた芸術家としての資性との融合から生れた日本文化論の名著。

→ 参加お申し込みはこちら(定員になり次第締切)

 

『逝きし世の面影』(渡辺 京二 著)

「私にとって重要なのは在りし日のこの国の文明が、人間の生存をできうる限り気持のよいものにしようとする合意とそれにもとづく工夫によって成り立っていたという事実だ」近代に物された、異邦人によるあまたの文献を渉猟し、それからの日本が失ってきたものの意味を根底から問うた大冊。

→ 参加お申し込みはこちら(定員になり次第締切)

 

『成長の限界』(ドネラ H.メドウズ 著)

人口増加や経済成長を抑制しなければ、地球と人類は、環境汚染、食糧不足など100年以内に破滅——その衝撃の警告。

→ 参加お申し込みはこちら(定員になり次第締切)

 

『沈黙の春』(レイチェル・カーソン 著)

自然を破壊し人体を蝕む化学薬品。その乱用の恐ろしさを最初に告発し、かけがえのない地球のために、生涯をかけて闘ったR・カーソン。海洋生物学者としての広い知識と洞察力に裏付けられた警告は、初版刊行から四十数年を経た今も、衝撃的である。人類は、この問題を解決する有効な手立てを、いまだに見つけ出してはいない―。歴史を変えた20世紀のベストセラー。

→ 参加お申し込みはこちら(定員になり次第締切)

 

『スモール イズ ビューティフル』((F・アーンスト・シューマッハー 著)

1973年、シューマッハーが本書で警告した石油危機はたちまち現実のものとなり、本書は一躍世界のベストセラーに、そして彼は“現代の予言者”となった。現代文明の根底にある物質至上主義と科学技術の巨大信仰を痛撃しながら、体制を越えた産業社会の病根を抉ったその内容から、いまや「スモール・イズ・ビューティフル」は真に新しい人間社会への道を探る人びとの合い言葉になっている。現代の知的革新の名著。

→ 参加お申し込みはこちら(定員になり次第締切)

 

【まちかどアカデミー とは?】
「まちかどアカデミー」は「イベントで本を聴く」という新しい本との向き合い方です。
私たちは本を読んだり、勉強することで、経済、社会の急激な変化や次の時代に備えなければなりませんが、「そのための時間がない」というのが現実です。
「もっと本を読みたいけれど時間がない」「どんな本を読んだらよいかわからない」「難しい本をもっと手軽く読みたい」というニーズに応えるため、「まちかどアカデミー」では、難しい本もわかりやすく解説し、手軽く、短い時間で、未来への知見や、教養も学べるイベントです。今回は静岡県立大学学長が、今話題のSDGSも含めて、人口学からわかりやすく解説します。多くの方のご参加をお待ちしております。

 

【お問い合わせ】
まちかどアカデミー実行委員会(事務局:彩流社) TEL:03-3234-5931

E-mail:sairyusha@sairyusha.co.jp
→ 参加お申し込みはこちら(定員になり次第締切)

 

日々是好日 第4回

2019 年 9 月 15 日 日曜日

#4 閑話休題東北編

林タムタム

 

大曲にいた。

広い河川敷に広く広く用意された桟敷の人区画に座って日本酒を飲んでいた。8月の末でも秋田の夜はどこかさわやかだ。さっき通り抜けてきた横手やきそばや焼き鳥の屋台の賑わいの先に、この河川敷があり、桟敷には驚くほど多くの人が集まっているはずなのに、一人一人の可処分的スペースが広いのか、座った皆の鼻先まで降りてきている高い高い夜の空が広いせいなのか、あたりは静かでおとなしかった。日本酒を3分の1ほど入れた紙コップが、水気を含んで心なし冷たくなり、紙の表面の細かな凹凸がこれまでにないほどはっきりと指から読み取れる。周囲の人たちが各々話し笑い合っているのが見て取れるのに、音は夜空に吸い込まれて個別の語の区別のない、控えめなさざめきとしてしか耳には届かない。日中の色付けが想起されない、夜の河川敷で、各人は身を寄せ合うわけでもなく、何かに打ち込むわけでもなく、ただこれから起こることを期待して集まり広がっていた。 (続きを読む…)

【今日のペソア占い】

2019 年 8 月 26 日 月曜日

8c49330d86ef5f166c167d0dd216ad08-142x300.jpg

 

2019年8月26日、今日は月曜日。

 

A)とても憂鬱。

B)今週は気合を入れていくぞ。

 

彩流社・楽天市場店は6/23を持って閉店いたしました。長らくのご愛顧ありがとうございました。

2014 年 6 月 23 日 月曜日

彩流社・楽天市場店は6/23を持って閉店いたしました。長らくのご愛顧ありがとうございました。

【広告】「atプラス」

2014 年 5 月 14 日 水曜日

太田出版「atプラス」20号に広告を掲載いたしました。

(続きを読む…)

【広告】「朝日新聞」(2月9日)中面12割

2014 年 2 月 11 日 火曜日

広告掲載いたしました。

(続きを読む…)

「作者の死」と作品の楽しみ方

2014 年 1 月 14 日 火曜日

私事ですが、先日、映画『永遠の0』を鑑賞してきた。
この作品にはネット上で、賛否両論あり(賛同が圧倒的に多いとは思いますが)、感動したという感想のなかでに、
原作のイメージを壊したとか、現代と昭和時代の切り替えが上手くいっていないとかとか……。

(続きを読む…)