書店をたずねて三千里

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

営業部便り・2002.3 『本は売れているか?』

2002 年 3 月 1 日 金曜日

私は子供の頃、近所にある三軒の書店をよく梯子して暇を潰していた。特に買いたい本がない時でも書店に入り、何か新しい発見はないか、興味をそそられる物はないか探していた。好奇心を刺激してくれるものがあれば、そろそろ飽きはじめている今の遊びを止めて新しい遊びができる、そんなふうに思っていたような気もする。小学生だった私がそうであったのなら今の子供もそう思っている奴は結構いるはずじゃないかとも思う。そうだ書店は夢の宝庫だったのだ!小学生の頃私は天文学者になりたかった。読めない漢字がたくさんある天文関係の本を辞書を引きながら読んだものだ。ある程度理解できれば子供の私には満足だった。
やはり書店は雑多な世界が並び、くだらない本から小難しい本、子供が欲しい本、大人が欲しい本、男が欲しい本、女が欲しい本、なんでもあるべきだろう。前振りが長くなってしまったが、ようするに私が言いたいのは最近よく耳にする「活字離れが進んでいる」「今や世間一般の人の興味は携帯電話やTVゲームに向いている」という類の話、「あれは嘘だ!」「違うだろ!!」と言いたいのである。携帯電話で友達や恋人と楽しい話をするためには、それなりに雑誌を読んで情報を仕入れたり、小説を読んで何か違う言葉使いをしたくなったりするから、また楽しいはずで、TVゲームを作るためには相当の想像力が必要だろう。想像力を養うには本で活字を読むのが一番だ。
そして出版営業マンは売上をあげることだけに喜びを感じているわけではないのである。本と人の出会いを演出できた時にまた違う喜びを感じることがある。以前小社から1万五千円もする『鬼の大事典』という本が発売されることになり、いざ書店に営業に向かったわけであるが、大型書店でもこの不況下、高額商品は敬遠されがちで1冊縲怩Q冊しか受注できないところ、都心からすこし離れた60坪ほどのあまり大きいとは言えない書店で1冊だけ置いていただけることになった。販促用のパンフレットも店の入り口のラックに置いてもらい。内心は売れるかどうか自信はないがとりあえず試す価値はあるだろうという気持ちで、売れることを祈りつつ発売を待ったのであった。『鬼の大事典』は発売後、神保町の老舗の本店や最近増えてきた500坪クラスの大型書店などで一冊づつ売れ始めた。新宿の老舗の本店でも一冊売れた。そしてなんとあの60坪の書店からも発売後一週間で『鬼の大事典』の追加注文が入ったのである。その書店の店長に詳しい話を聞いたら「その買っていかれたお客さんは、あなたが置いていった『鬼の大事典』のパンフレットを見て、発売を心待ちにしていたそうで。買っていく時に『こういう本を探していたんだよね』と言っていたよ」とのこと。私は本当にこの書店に営業して良かったと心から思った。
本屋は大きさだけが勝負ではない、そこに出入りする本を愛する人々が何を求めているか知っているかいないのかが大事だとその書店の店長に身をもって教えてもらったような気がします。
買っていただいたお客様にも心から感謝いたします。本はまだまだ売れている。

(筆・春日)

営業部便り・2002.2 『ナイジェリアの本も出してます』

2002 年 2 月 1 日 金曜日

私は普段、書店を営業で周り、様々なジャンルの仕入れ担当の店員の方に新刊の予約や注文のお願いをしているわけですが、時々逆にその書店員の方からお願いをされることがあります。その内容は主に他店の売れ筋情報であったり、各ジャンルの、例えば「外国文学の棚でこの作家の本は何処の場所に並べるのが一番ピッタリくるか、またお客さんの目に付くのか」など、簡単なようでいて、それなりにいろんな書店の棚を見たり、その分野の本を読んでおくなりしておかないと自信を持って答えられないものが多く、時々冷や汗を掻きながら、「また今度お伺いする時までに調べておきます」と言って立ち去ることもしばしば・・・・下手に知ったか振って即答し、トンチンカンな情報を与えてしまうのは私自身の恥であるばかりか我が彩流社の恥になり、書店の方からも「出版社にいる人だからもっといろんなことを知ってると思っていたのに使えないね」と思われたあげく、ただの押し売りに成り下がる恐れもあります。
というわけなので私は出版社に入ってからまだ1年8ヶ月の新参者であっても、それなりに歳も食ってきたのと、小社はかなりマイナーというかマニアックな外国文学の作家の本を多数出版してきたので「この出版社の営業ならかなり文学には詳しいんじゃないかな?」と思われてしまうことがあり、その道のベテラン並の能力を要求されることがあります。先日もある大手チェーンの本店で外国文学のご担当の方から「サッカーのワールドカップに併せて各出場国の文学書を並べて『ワールドカップ文学フェア』をやりたいんだけど彩流社さんならいろんな国の文学書出してるから、なんかあったら教れてくれませんか?例えばセネガルの文学書なんてあったら面白いんだけど」と質問を受け、さすがの私も「セネガル文学!?<・・>@?・・」は知らなかったのでまたいつものように「また今度お伺いする時までに調べておきます」と言って立ち去ったわけです。社に戻りインターネットでアマゾンや文学愛好家のホームページを調べたりしているうちに、さすがにセネガル文学は見つけられなかったが、ナイジェリア出身でアフリカ人として初のノーベル賞を受賞した作家(ウォレ・ショインカ)の本が、なんと我が彩流社から出版されているではありませんか!!(自社の本なのに知らなかった・・)「神話・文学・アフリカ世界」と題名のついたその本はアマゾンで堂々153157位の売上を記録していたのです(順位が付いていない本もたくさんあるから付いてるだけでも良いほうなんです。)
かくして私は「ナイジェリアも今回のワールドカップ出場国なのでフェアにいれてもらえるよう提案営業しよう」と思い一人悦に入るのでした。

(筆・春日)

今月から「編集部だより」に続き「営業部だより」も設けることにしました。よろしくお願いします。

2002 年 1 月 4 日 金曜日

世間一般の人達の思い描く出版社のイメージは、やはり編集部だと思います。実際に出版業界で働いたことのない知人、友人から「出版社の営業マン・・!?、それって具体的にどんな仕事してんの?」と聞かれることもよくあり、「印象が薄い=大した仕事をしていない」などと思われてしまいかねない出版社営業部の名誉のため(ちょっと大袈裟だが)読者に最も近い存在である書店様との関係、読者に小社の本がどうやって届いているかなど、私、書店営業マンの目から見た「現場の真実」をお伝えしていきたいと思います。
全国に何万軒とある書店に本を流通させているのは主に取次ぎ会社(日販、トーハンなど)であるわけですが、大雑把にい言いますと各取次ぎ会社独自の配本パターンがあって、「この地域の何処そこの書店にはこの本は何冊配本」、というふうに決められた数が効率的に全国の書店に配本される仕組みになっています。毎日何百点と出版される書籍を時間やコストの制約の中で書店に配本するには自動化、効率化はやむを得ないのですが、やはりこのパターンに任せきりになると、実際はもっと売れそうな書店に1冊しか配本がないとか場合によっては配本なしで書店の店員はその本が発売していることすら知らない状態ということもおこりえます。そこを出版社の営業マンは調整するため、発売前に書店を訪問して今度出るこの新刊はぜひこの書店で売れそうなので、置いてみていただけますか、とお願いをする、それに答えて書店の仕入れ担当者が「じゃあこの本はうちは3冊欲しいとか、売れそうだから20冊欲しいなど、はたまた、売れそうもないから見本で1冊で良いよ」などと事前注文をいただき、その注文書を発売直前に取次ぎ会社に持っていって配本パターンに一部組み入れてもらうことによって、全体の3割から多いときには7割の配本を出版社の方で指定して書店に置いてもらうというわけです。配本が済んだ後も全体の売れ行き状況を見て予想以上に売れているから、もっと他の書店を訪問したり、DM、広告などの宣伝活動を加えて販売促進をする。この他にも物流の改善、書店からの受注データ、売上データの分析、またそのデータを営業活動に活かしたりなど、取り組んでいることはたくさんあります。
仕事の全体を簡単にまとめて言うとこんなところです。読者の皆様も書店に立ち寄った際に注意して見てみるとと売り場のあちらこちらに書店員と折衝をしている出版社営業マンの姿を見ることができると思います。今度じっくり観察してみたらいかがでしょうか。

(筆・春日)