書店をたずねて三千里

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

山下書店南行徳店にて「彩流社 ミリタリー・軍事関連」ブックフェア開催中!!

2013 年 4 月 30 日 火曜日

山下書店南行徳店さんにて、ミリタリー・軍事関連ブックフェア開催中!!

意外に知られていない!?彩流社のミリタリー・軍事関連の本がズラリ!!

南行徳駅を降りてすぐの山下書店さんにみんなGO!!

古沢店長様はじめ気さくで本が大好きなスタッフの方々と、営業代行会社のBSS(ブックストラテジーサービス)ご支援とご協力で、このフェアが実現しました。

どうぞよろしくお願いいたします!!

山下書店南行徳店

〒272-0138
千葉県市川市南行徳1-16-1 アーバンプラザA 1F
【電話番号】047(314)5898  【FAX番号】 047(307)8977

 

130430______________________________.jpg

(続きを読む…)

『カート・ヴォネガット』ジュンク堂池袋本店で文芸書7位!

2012 年 11 月 30 日 金曜日

先週の金曜日、編著者たちによるトークショーを行ったジュンク堂書店池袋本店へ窺ったところ、3階の文芸書のランキングにて堂々の7位になっていました。文芸ご担当の方々、ありがとうございます。引き続きよろしくお願いしまーす! それにしても、気になる1位は、やっぱりねえ……。(高梨治) (続きを読む…)

北京国際ブックフェア2012(BIBF)に出展!!

2012 年 10 月 12 日 金曜日

「ついにこの日がやってきた!」という感慨。今年二度目の北京行きを、念願の「海外の国際ブックフェアに出展」、という形で早くも実現できたことを本当に嬉しく思う。

前回の北京行きはまだつい最近の5月のこと、あれからいっきに私のなかでは中国ブーム到来ということで、中国語教室にまで通い始め(といっても今回の北京訪問ではほとんど勉強の成果をいかすことはできず、「イー、アール、サン、スー…」と、数字が少し通じたぐらいではあったが(笑))、今もてるすべての人脈と情報をつかって、出展の宣伝と準備を進めてきた。

北京国際ブックフェア2012(以下BIBF2012)がはじまるまでに、彩流社の宣伝をできるかぎりしておかなければ、もしかしたらブースは閑古鳥になるかもしれない…。今回のBIBF2012に出展する予定の小社以外の日本の出版社は、誰もが知っている大手やディスカバリー21のようなベストセラーを連発して、勢いのある有名な中堅出版社ばかり。彩流社は日本国内であっても、よっぽど専門書や海外文学書のヘビーユーザーにしか知られていない社員14人の零細版元。こんな無名の出版社の本を果たして中国の版元が欲しがるのかどうか…そんな不安を払拭するためにも宣伝するための方策を足らない脳みそをひねって考えてきた。 (続きを読む…)

神保町の書泉グランデにて、『京成電鉄 昭和の記憶』のパネル展を開催中!!

2012 年 10 月 10 日 水曜日

鉄道マニアの聖地!?神保町の書泉グランデにて、小社刊『京成電鉄 昭和の記憶』の写真パネルを展示していただいております。

本書もうず高く平積みしていただき、ベストセラーランキングにもさっそく躍り出た模様です。

鉄道マニアのみなさん、京成電鉄が懐かしい千葉県人、千葉生まれのみんな、書泉グランデへGO!!

(続きを読む…)

書楽にて、版元イチオシ人文フェア開催中!

2012 年 8 月 23 日 木曜日

埼玉県与野にある、巨大書店、ブックデポ書楽に行ってきました。3Fの人文コーナーでは現在、版元ごとに長らく売れ続けているイチオシの本を並べる という画期的なフェアを長期的に開催しています。ところで、多彩なジャンルを誇る我が彩流社はといいますと……、ありましたありました、しかも最も目立つ 位置に超ロングセラーの『猿田彦と秦氏の謎』が!! さっそく携えていたパネルを設置していただきました。その画像がこれ!

IMG00057.jpg

彩流社の超古代史、売れています! (高梨治)

いよいよロンドン五輪開幕、そしてジュンク堂書店池袋店2Fの『ロンドン五輪その他のフェア』に驚く。

2012 年 7 月 26 日 木曜日

いよいよロンドン五輪開会式も明日に迫りましたが、なんと開会式の前に女子サッカーの試合が始まっているのを昨夜知りまして、さっそく夜中にテレビで女子サッカーを観戦しました。
なでしこジャパンがカナダを打ち破る映像を見て「やはりこれからの日本は女性の時代?」と思ったのは私だけでしょうか…。体格で一回りは上回ると思われるカナダの大きな女達を撃破する日本女性の逞しい姿は、観ていて素直にカッコよく、素敵でした。なでしこジャパン、この名称はあまり合っていない気がして私は好きではありませんが、なにしろすごいチームであることは間違いないでしょう。男子のサッカーは、Jリーグ作って、そして莫大な金をかけて盛り上げて、そしてようやく前回のワールドカップあたりから、やっと世界の強豪と渡り合えるぐらいに成長したわけですが、女子サッカーは、まだまだ設備も選手育成も不十分で、本当にこれからという段階で、いきなり前回のワールドカップでは、選手層が遥かに日本より厚い世界王者のアメリカを撃破して、その成長のスピードと情熱の強さに私は素直に驚きました。 (続きを読む…)

「書店をたずねて三千里」がついに海を越え海外へ!?

2012 年 6 月 20 日 水曜日

ご無沙汰しております…。

この間、福島へ出張に行ったりと、いくつかネタはありましたが、多忙にかまけてここで発表することもできずにいました。

そんななか、5月に北京へ、私自身では初となる海外出張へ行ってまいりました。ついに海外の書店も訪問する!というわけで、やはりUPしないわけにもいかないので、頑張って北京出張記を綴っていきたいと思います。 (続きを読む…)

ブックデポ書楽にて、彩流社の“とてつもない”連合赤軍事件関連書+ミリタリー・NF書フェア開催中!!

2012 年 4 月 19 日 木曜日

201204________________________.jpg

(続きを読む…)

『立川談志の正体』が神保町の東京堂書店にて堂々の10位!!

2012 年 2 月 21 日 火曜日

立川談志の正体』が増刷後もバカ売れしております。

そんなバカ売れで各地の書店で品切れ続出のなか、神保町の読書人の愛する書店、東京堂書店にて堂々の総合10位に入りました!!当社の本で総合10位以内は久しぶりです。 (続きを読む…)

ジュンク堂書店池袋店のブックフェア『女は女である(女性ファッションフェア)』はクール!!

2011 年 12 月 26 日 月曜日

本日はジュンク堂書店池袋店を訪問。2Fのいつもお世話になっている鎌田さんに会いに行くと、カウンター前で開催中のブックフェアに思わず唸る。

鎌田さんのフェアはいつも本の魅力を最大限に引き出しているが、今回のフェアもまたさらに棚の配置、本の陳列の工夫に磨きがかかっているようです。

フェアタイトルは、ずばり『女は女である(女性ファッションフェア)』とのこと。弊社刊行の書籍、アナイス・ニンの『インセスト』も陳列していただいてます。
その横でちょっと小規模な『男は男だ(男性ファッションフェア)』も同時開催されています。鎌田さんいわく、やはり「女」でないと、フェアの本を集めにくいというか、やはりフェアは「女」に限るとのことです(鎌田さん、私の聞き違いだったらすいません…)。 (続きを読む…)