書店をたずねて三千里

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

革靴

営業という仕事について、ずいぶんと時が流れたが、果たしていままで、私は何足の革靴を買い替えたことだろう。
年に2足〜3足は買い替えているから、30足ぐらいは買っていてもおかしくないと思う。価格にしたら結構大層な金額になるだろう。

そして、またもや、今履いている革靴がついに限界にきたようだ。
書店を営業してまわって磨り減った靴底のせいで、今日は小雨だったが、すべりやすいところを歩くと、ツルッとしてしまい、何度も倒けそうになった。
持ちがいい革靴でも半年でだいたい寿命が来る。たまに安い合成革の靴を買ってしまって、すぐに足が痛くなって、3ヶ月も持たない革靴もあったりする。

営業にとって靴が足に合わないというのは致命的で、足が疲れやすくなる=歩くのが辛くなる=多くの書店を回れなくなる。
という負のスパイラルの陥る危険性がある。

今度は、どんな革靴をどの靴屋で買おうか……。

もう二度と買わないと思っている、ハズレの革靴ばかりが並んでいる靴屋もあれば、ここならだいたいハズレはない、という靴屋もある。ただ共通して言えるのは、3千円前後ぐらいの革靴は、ほぼ失敗する。履いて2日で足は赤く腫れてくる。5千円ぐらいの革靴は5割、7千円ぐらいの革靴は3割ぐらいの確率で失敗する。ということで、ハズレを掴まないためには、1万円以上する革靴を買わないといけないことになる。1万円以上する革靴は、本当に履き心地が良い、足に自然にフィットして、長時間歩いても疲れない。まあだから高いのだろうけど。

でも、1万円なんて……とても痛い出費だ。

会社から、営業スタッフには「靴手当」を支給すべきだと私は昔から思っているが、実現しそうな雰囲気は未だ無い。

【文責:春日俊一】