書店をたずねて三千里

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

やっぱり定番は強い

最近、二週間に一度のペースで、5歳の息子と、土日になると近所の図書館に本を借りに行く。

まわりの子供より、若干言葉の発達が遅かった息子は、本を読み聞かせることが、言葉の発達を促したのか、本当のところは分からないが、 いまでは煩わしいぐらいに家では喋りまくるようになった。

私自身が本が好きで、本にかかわる仕事もしているから、息子がどんどん本を好きになっていく姿を見るのはとても嬉しい。

そんな息子が借りたがる本は……やはり定番、長年愛され、読み継がれている絵本だったりする。

せなけいこの切り絵のオバケのシリーズや、公演の砂場から突然タイムスリップしたりする、ちょっとした冒険ものの、わんぱくだんのシリーズだったり、あとテレビでもやっている、おさるのジョージのシリーズだったりする。

おさるのジョージはテレビでやっているからメジャーということを息子が分かるのは、理解できるが、せなけいこや、わんぱくだんについては、テレビではやっていないようだし、特に周りのみんなが読んでいるから、というわけでもないのに、なぜか息子は読みたがる。

やっぱり何十年とロングセラーを続ける本の良さは5歳の息子にも分かるようだ。

やっぱり定番は強い。

そんな長年読み継がれるベストセラーを出せるような版元を目指したいものです。

【文責 春日俊一】