書評・広告掲載本

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

アメリカの文化戦争

2003 年 1 月 5 日 日曜日

『アメリカの文化戦争』表紙\
書籍名   : アメリカの文化戦争 たそがれゆく共通の夢
(アメリカノブンカセンソウ)
著者名   : トッド・ギトリン(トッド・ギトリン) 著
疋田三良、向井俊二 訳
発行日   : 2001-10-10
税込価格 : ¥3990
本体価格 : ¥3800
画像をクリックすると紹介文が読めます(注文もできます)。

★recorecoVol.4、橋本努
1960年代以降のアメリカの大学において権力を握ったのは、左翼リベラル、すなわち西洋中心主義に反対し、原爆投下や先住民族に対する搾取に対してアメリカを批判し、中絶やゲイ・レズビアンや多文化主義を認めていく民主党系の進歩主義であった。しかし1980年代以降の「モラル・マジョリティ」となった保守派は、こうした左派の活動に対して攻撃を挑む。アメリカの公共放送はリベラルなエリートのための番組でしかないとか、1994年に改定された歴史教育水準は多文化主義に偏りすぎているといった批判である。こうした保守派の攻勢に対して左翼知識人は無力で分裂していた。しかし左翼を自称する著者はこの文化戦争にメスを入れながら積極的に応答し、「啓蒙主義に立つ民主主義」を呼びかける。現代アメリカを知るための重要な一冊だ。

★2/2 図書新聞 小林憲二
「“左翼”であることと“アメリカ人”であることを“架橋”しようと試みる真摯な姿勢──ここでギトリンが浮かび上がらせようとしている図は、民主主義的な立場に立ってやってきたはずの「左翼的な白人男性」が、一方で体制擁護派の評論家や学者や様々なレベルのメディアから「偏向」とか「体制破壊」と指摘され、他方で「人種・ジェンダー・階級」め観点から「アイデンティティ・ポリティクス」へと分離していった黒人やフェミニストの活動家たちから手厳しい糾弾の矢面に立たされている昨今のアメリカ文化状況である。後者にそくしていえば、自由・平等・民衆の抵抗権といった啓蒙主義以来の普通的な「理想」自体が、「植民地主義的隠蔽工作──白人男性支配の現状を合理化するイデオロギー」だという批判ににつながっていく。まさに、立つ瀬がないというべきか。
だが、怒涛の六〇年代を生き抜いてきたトッド・ギトリソは、決して絶望しているわけではない。あくまで「啓蒙思想」の可能\性の上に立って、「左翼」であることと「アメリカ人」であることとを「架橋」しようと試みている。というのは、彼の考えに従えば、「この両者は啓蒙思想から生まれた偉大なる理念」であり、「共に力を合わせれば人種の違いや盲目的力の支配や貧富の偶然性」などを克服して、「自分の国家社会をも乗り超えた普遍的かつ永続的な地平に到達できる」からである。これを自ら「古典的夢物語」かもしれぬと書き記す彼の真摯な姿勢に、私は今ひたすら襟をただしてむかい合う以外の術を知らない」

★リテレール別冊?N 生井英考
「ヴェトナム反戦世代による現代アメリカ論。著者は名にしおうSDSの元活動家で、当時の生き残りなかでは最も筋の通った左翼の一人。そのぶん頑迷な気配もうかがえるものの、90年代の多文化主義論争に取り組んだ本書の貫通力は一読に値する」。

ニューヨーク知識人

2003 年 1 月 5 日 日曜日

『ニューヨーク知識人』表紙\
書籍名   : ニューヨーク知識人 ユダヤ的知性とアメリカ文化
(ニューヨークチシキジン)
著者名   : 堀邦維(ホリクニツグ) 著
発行日   : 2000-06-20
税込価格 : ¥2990
本体価格 : ¥2800
画像をクリックすると紹介文が読めます(注文もできます)。

★recorecoVol.4、橋本努
20世紀のアメリカ知識社会において中心的な役割を担ってきたのは、全人口の3%にも満たないユダヤ人であった。例えばダニエル・ベル、ハンナ・アーレント、スーザン・ソンタグ、ソ\ール・ベロウ、デヴィッド・リースマンなどはみなユダヤ系であり、1972年のアンケート調査によれば、エリート知識人と呼ばれる20人のうち16人はユダヤ人であった。彼らは文芸的モダニズム(アヴァンギャルド)とマルクス主義を受容する進歩主義から、戦後は反スターリニズム、反共、反学生運動などの経験を経て、1980年代には新保守主義の立場からポストモダニズムの言説を批判する立場に至る。アメリカを支えるユダヤ的知性は、その民族性を脱却しつつ、文化をリードしながら外交上の理念を提供してきた。本書はその歴史を鮮やかに描いた快著。

歌謡曲という快楽

2002 年 12 月 25 日 水曜日

『歌謡曲という快楽』表紙\
書籍名   : オフサイド・ブックス・24
歌謡曲という快楽 雑誌よい子の歌謡曲とその時代
(カヨウキョクトイウカイラク)
著者名   : 宝泉薫/ファッシネイション
(ホウセンカオル/ファッシネイション) 編
発行日   : 2002-11-19
税込価格 : ¥1680
本体価格 : ¥1600
画像をクリックすると紹介文が読めます(注文もできます)。

★遠藤利明/『ロッキング・オン・ジャパン』12/25
「……元シブがき隊の薬丸、三田寛子、早見優など……そんな彼らが現役アイドルだった80年代、『よい子の歌謡曲』というミニコミがあり一部で話題になった。……『よい子』はその(『ロッキング・オン』)の影響を受け、レイアウトをパクリもした。そして、79年創刊91年終刊の『よい子』の記事を抜粋編集したのがムック本『歌謡曲という快楽』。……/松田聖子のデビューから、小泉今日子や中森明菜などアイドル豊作の82年組を経て、おニャン子ブームへ。アイドル批評中心の『よい子』にとり、それは幸福な時代だった。では、同誌はどんな風に語っていたか。楽曲分析、深読み、妄想的思い入れ、業界情報などがごたまぜ。「ブス泣かせの系譜」「松本伊代は家庭内暴力児のアイドルである」なんて強引で笑えるアングルがある反面、オカシナ人によるラブレターも少なくない。……/というわけで屈曲した空気にむせ返るのだが、中心にあるのは、ただの商品、人工的イメージだとわかっているのに、どうして自分はアイドルが好きなのかという疑問である。……

リカルド・レイスの死の年

2002 年 12 月 8 日 日曜日

『リカルド・レイスの死の年』表紙\
書籍名   : ポルトガル文学叢書 12
リカルド・レイスの死の年
(リカルド・レイスノシノトシ)
著者名   : ジョゼ・サラマーゴ(ジョゼ・サラマーゴ) 著
岡村多希子(オカムラタキコ) 著
発行日   : 2002-09-03
税込価格 : ¥2940
本体価格 : ¥2800
画像をクリックすると紹介文が読めます(注文もできます)。

★読売新聞、12/8
「この小説の舞台は、サラザール独裁体制下で日増しに抑圧が強まっていた当時(1936年)のリスボン。二十世紀ポルトガル最大の詩人フェルナンド・ペソ\アの訃報を聞き、ブラジルから帰国した詩人リカルド・レイスは、混沌とした市民生活を目の当たりにする。騒然とした社会情勢の中で、自己のよりどころを求めて彷徨する主人公の姿が、深い人間観と歴史観に裏打ちされたノーベル賞作家の熟達した手で描き出される。幽霊となって現れるペソアとの形而上的な対話も興味ぶかい。原文は会話を地の文にとり入れ、ピリオドはほとんどない。翻訳ではその文体のリズムが忠実に再現されている。」

カカオ

2002 年 11 月 25 日 月曜日

『カカオ』表紙\
書籍名   : カカオ
(カカオ)
著者名   : ジョルジェ・アマード(ジョルジェ・アマード) 著
田所清克 訳
発行日   : 2001-10-19
税込価格 : ¥1995
本体価格 : ¥1900
画像をクリックすると紹介文が読めます(注文もできます)。

★日経新聞11/25
「今年八月に亡くなったブラジルの国民的作家ジョルジェ・アマードの初期の秀作。カカオ農園を舞台に金持ちから没落した少年が、冷酷に搾取を続ける農園主を相手に労働者意識を高めていく。書簡や異なる視点、文体を意識的に混入させる手法は極めて実験的。黄色に色づいて皆を惑わすカカオの実に象徴させた、つかの間の祝祭の描写など、南米文学全体にとっても原点のような位置を占めることがよくわかる」。

銀のしずく「思いのまま」

2002 年 11 月 6 日 水曜日

『銀のしずく「思いのまま」』表紙\
書籍名   : 銀のしずく「思いのまま」 知里幸恵の遺稿より
(ギンノシズクオモイノママ)
著者名   : 富樫利一(トガシトシカズ) 著
発行日   : 2002-09-19
税込価格 : ¥2100
本体価格 : ¥2000
画像をクリックすると紹介文が読めます(注文もできます)。

★朝日新聞11/6、夕刊・北海道版

「『アイヌ神謡集』を残し、19歳の若さでこの世を去ったアイヌ文学記録者・知里幸恵。彼女が死の直前、約4カ月間につづった遺稿ともいえる日記を通して、その思いを再現し、アイヌ民族としての心に迫った。東京の金田一京助宅で、日本文化に触れながら、ユーカラの筆録に懸命に挑んでいた間の心の記録でもある。「言語が残れば民族は亡びず」と悟り、アイヌ民族の言語を書き残すことに生命をかけた、強い意志が伝わってくる」。

反グローバリズム労働運動宣言

2002 年 11 月 3 日 日曜日

『反グローバリズム労働運動宣言』表紙\
書籍名   : 反グローバリズム労働運動宣言
(ハングローバリズムロウドウウンドウセンゲン)
著者名   : 小田裕司(オダユウジ) 著
発行日   : 2005-10-05
税込価格 : ¥1575
本体価格 : ¥1500
画像をクリックすると紹介文が読めます(注文もできます)。

★『サンデー毎日』02年11月3日

世界を席巻するグローバリズムの荒波。巨大な多国籍企業がわがもの顔にのし歩く。市場競争が激化しリストラや職場でのいじめ、サービス残業が横行する現状にJR総連の委員長でもある小田氏が労働運動の立場から反逆ののろしを上げた。働く者を幸せにしないグローバリズムの正体を暴き、低迷する労働運動の再生策を提言している。

道ばたで出会った日本

2002 年 10 月 20 日 日曜日

『道ばたで出会った日本』表紙\
書籍名   : 道ばたで出会った日本 松江・ハーン・ヒロシマ
(ミチバタデアッタニホン)
著者名   : ケネス・ローマー(ケネス・ローマー) 著
市川博彬(イチカワヒロヨシ) 訳
発行日   : 2002-09-02
税込価格 : ¥1995
本体価格 : ¥1900
画像をクリックすると紹介文が読めます(注文もできます)。

★中日(東京)新聞10/20

「妻子とともに松江で一年を過ごしたアメリカ人文学者がつづった滞在記。<妖精の国・日本>のイメージを書き記した先達ラフカディオ・ハーンに自らをなぞらえ、日本という異文化の実態をアメリカ人に伝えるべく、委曲を尽くしている。約20年前の日本の地方都市のありさまが、新鮮な感動とともに描き出されていて、現在の日本に生きる我々のノスタルジーさえも誘う」。

★産経新聞、9/22
「島根大学に赴任した著者のユニークな日本体験記。妻子とともに慣れない異文化と奮闘しながらも、日々の発見や印象を、散文や短歌、俳句、写真など自由な形で表現する。旺盛な好奇心と鋭い観察眼を併せ持つ著者にかかれば、豪快な漁師達はシェークスピアの登場人物になぞらえられ、歩道の黄色い点字ブロックは『オズの魔法使い』に出てくる道になる。日本語の難しさにもめげず、何とか理解しようとするエピソ\ードからは、先入観なく日本文化に対面したいという著者の誠実な姿勢が伝わってくる。体験を大切にし、ときにはことわざや松江の民話にヒントを得て、洞察に満ちた日本論を展開する。」

日本人と中国人

2002 年 9 月 29 日 日曜日

『日本人と中国人』表紙\
書籍名   : 日本人と中国人 異文化交流の楽しみ
(ニホンジントチュウゴクジン)
著者名   : 汪洋(オウヨウ) 著
発行日   : 2002-08-09
税込価格 : ¥1890
本体価格 : ¥1800
画像をクリックすると紹介文が読めます(注文もできます)。

★西日本新聞、9/29

「国費留学生として九大で博士号をとり、日中両国に約二十年ずつくらした著者の比較文化論。といっても堅く論考するのではない。例えば、自己主張しない日本人はカラオケで、普段できないが故に胸にたまった「自己」を主張し、一方、昼夜を問わず自己主張している中国人は、なかなか主張できない政治と愛情を夜ごとカラオケでやるのだ、といったところから入って両国民の精神構\造の深奥に至る。小説「大河の岸辺」で九州芸術祭文学賞佳作を受賞した文章力が随所に光る。」

Jポップの日本語

2002 年 9 月 29 日 日曜日

『Jポップの日本語』表紙\
書籍名   : Jポップの日本語 歌詞論
(ジェイポップノニホンゴ)
著者名   : 見崎鉄(ミサキテツ) 著
発行日   : 2002-07-17
税込価格 : ¥1680
本体価格 : ¥1600
画像をクリックすると紹介文が読めます(注文もできます)。

★読売新聞、9/29、千石英世

「歌において曲と詞は不可分に統合されているはずだという常識からあえて詞を抽出し、世相と関連付け、社会評論的な詩論の試みとしたのが本書である。浜崎あゆみ、GLAY、ミスター・チルドレン、ゆず、等々当代の歌びと達の詞が、吟味の俎上に乗せられる。個々の歌びとの存在意義は引用豊富に追求されているが、最終結論は暗い。Jポップは総じて「カッコいい音楽にくるまれているが…歌詞はセンチメンタルな述懐に満ちている」という。Jポップを愛するがゆえの苦い認識。あるいは隆盛を誇るショウビジネスの意外な素顔か。もしそうなら責任者に出てきてほしい。」

★東京・中日新聞、8/3
「 浜崎あゆみ、GLAY、ゆず、ミスチルなどのミュージシャン十二人を取り上げ、彼らの自作の歌詞を論じたもの。俳句の手法を用いている椎名林檎、指示代名詞が多くて内容のない小田和正、自己正当化しか見られない槇原敬之の復帰第一作、「影を慕いて」にそっくりなサザンの「TSUNAMI」など、分析は丁寧で的確。歌詞論としてもおもしろいが、一種の日本語論としても読める。」

★「週刊朝日」6/27、斎藤美奈子
「『Jポップの日本語』(彩流社)は、浜崎あゆみ、GLAY、ミスチル、サザンなど十二組のアーティスト論と、「懐かしさ」「二人」「横顔」といったテーマ批評の二本立てで勝負した歌詞論である。Jポップは「あの」が大好きで、あの日、あの頃、あの時、あの場所、あの季節、などとあったら必ず懐かしがり屋さんの歌。破壊的にみえるいまの若者の歌も「あの日」への郷愁に充ちたクヨクヨしたものであり、そんな弱さをごまかすために、未来を見つめて、などの文句を絆創膏みたいに張り付けているのだ、なんていう少し意地悪な見方がいい。」