書評・広告掲載本

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

『複製された男』
書評が掲載されました

978_4_7791_1834_0.jpg

※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

◆「孤独に悩む現代人の危機を思索的で濃密な文体で描く人間ドラマ。作中で展開される文明批評も痛切だ」(「読売新聞」2013.1.13)

◆「『複製された男』は、たんに、伝統的な文学的クリシェに立脚した物語ではない。そこには、究極ともいえる複製技術時代に生きる人間の恐怖が生々しく刻印されている」(「図書新聞」2013.1.12付)

◆「自分そっくりの人間に出会ったら、人間はどう考え行動するのかという講義を受けているかのような気になります。物語は全体を通して非常に静かに淡々と進行します。ただし、終盤では衝撃的展開が用意されています」(「絶対損しない「この一冊」」『週刊新潮』2012.12.20号)

◆「今日の都市生活者の孤独とコミュニケーション不全、そして愛の不可能性とを、ありそうもない状況を設定することで不条理な寓話として見事に活写した秀作だ」(「ミステリマガジン」2012年12月号)