書評・広告掲載本

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

【紹介】『不寛容という不安』――「毎日新聞」「東京新聞」他にて

『不寛容という不安』の著者・真鍋厚氏の紹介と書評が掲載されました。
◆「<なぜこんなにも生きづらい時代になったのだろうか?>
こんな切実な言葉から本書は書き起こされている。現代人の多くが抱えている『生きづらさ』や『不安』の正体を掘り下げ、進むべき道を探っている。歴史に尋ねるという『縦軸』、ネット社会の現実などの『横軸』をしっかり織り込んだ評論家による労作だ。」「毎日新聞」(2017年11月21日付)
◆「現在の世界で起こっているさまざまな暴力的出来事が、私と無縁でないばかりではない。人類が犯してきた歴史上の残虐行為が、現在を生きる私と連関を持っている。共通項は、自分とは違う思想や信仰や生活態度を持つ他者に対する不寛容である。それゆえ、もしも私が、私の不安を、社会的な権威や規範に自分を同化させることで解消するなら、その権威や規範に従わない(あるいはそこからはずれた)隣人に平気で暴力をふるうことができるようになるのだ、と著者は言う。
そうならない私をどのようにして育てるか、著者とともに考える楽しみと緊張感とを与えてくれる一冊である。」(評・池田浩士氏)
「東京新聞」(2017年11月26日付)
「西日本新聞」(2017年12月10日付)
◆「ZAITEN」(2018年1月号)
◆「ふぇみん」(2018年1月25日付)
◆「公明新聞」(2018年2月12日付)

 

978-4-7791-2393-1_1.jpg

※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。