書評・広告掲載本

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

【紹介】『クラシック100の味』――「読売新聞」(2019年7月14日)他にて

各紙・誌にて紹介されました。

◆『音楽現代』(芸術現代社)8月号、「BOOK  REVIEW」コーナー、評者・浅岡弘和氏です。

” ウィーン在住の女流チェリストでチェロとエッセイという「二刀流」で活躍する平野玲音がクラシック音楽とウィーンの味の本を出した。

…日本では相変わらず「ウィーン~」が大人気だがそれはなぜか。平野がウィーンで実際に体験して来た百のエピソードを通じてそれを解き明かす。

…外国人の平野だからこそウィーンの良さを客観的に見られ、ウィーン音楽の伝道師に相応しいのかもしれない。”

◆『週刊新潮』(新潮社)8月8日号、「週刊新潮掲示板」コーナー

著者がコンサート情報、近況とともに紹介しています。

 

 

◉新聞各紙、新刊コーナーにて

◆『河北新報』(2019年8月11日)

◆『長崎新聞』(2019年8月11日)

◆『京都新聞』(2019年8月4日)

◆『大分合同新聞』(2019年8月4日)

◆『山形新聞』(2019年7月21日)

◆『岩手日報』(2019年7月21日)

◆『秋田魁新報』(2019年7月21日)

◆『下野新聞』(2019年7月21日)

◆『山梨日日新聞』(2019年7月21日)

◆『読売新聞』(2019年7月14日)

”……チェロであってもとにかく「歌」が求められること…カフェはBGMを流さずしっかり両耳を休める場所であること――音楽の都の「古き良き味わい」を伝える。”

 

 

978_4_7791_2580_5.jpg

※掲載書籍の詳細は画像をクリックして下さい。