書評・広告掲載本

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

【書評】『80年代音楽解体新書』――「サンデー毎日」(2019年9月29日号)にて

歌詞の背景にある構造を分析し新たな物語を重ねていく

評者は開沼博氏。

(…)本についていえば、以前ほど熟読する機会が少なくなった気がする(…)そんな中で、本書は久々に熟読してしまった。

(…)自分が研究者だからかもしれないが、前からこういう本を読みたかった。売れる曲、人の心を奪う曲には何か法則性があるような気がする(…)細かく言語化できない何か。誰か種明かしをしてくれないか。そんな好奇心をかねがね持て余し(…)そこに切りこんでいるところに本書の魅力がある(…)

ただ曲を聴くだけでは見えてこなかった裏のからくりが見えてくる快感。それは、夜空に無秩序に散らばっているようにしか見えない点同士をつないで星座を見いだし、そこに新たな物語を重ねていく作業のようだ(…)

書籍という媒体が持つ可能性を、本書は見せてくれたような気がする(…)

バラエティーに富む90年代が、この著者の手によってどう解体されるのか、次作に期待したい。

 

 

※掲載書籍の詳細は下記画像をクリックして下さい。

978477917104_8.jpg