書評・広告掲載本

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

【書評】『走れ!北斗星 銀河』――「北海道新聞」(2019年10月13日)

“寝台列車復活の可能性探る”

2030年度末の開業を予定する新幹線の札幌延伸。東京と結ばれた暁には、かつての人気寝台列車「北斗星」などを復活できないか。そんな鉄道ファンならではの期待を巡り、鉄道旅行の本を手がける著者は具体的データを基に可能性を探った。

(……)

いま、札幌延伸に向けて注目されるのは時間短縮の話題ばかり。飛行機との競争を考えれば否定できない要素だが、本書が提言するように利用者の選択肢を増やすという視点はあってもいい。「北斗星」復活はまさにその一つといえるだろう。

 

 

 

※本書の詳細は下記画像をクリックして下さい。

978_4_7791_2602_4.jpg