書評・広告掲載本

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

【書評】『家父長制と近代女性文学』――WANにて

『家父長制と近代女性文学』がWAN(ウィメンズ アクション ネットワーク)にて書評が掲載されました。

評者は和光大学名誉教授の井上輝子氏です。

“「イエ」と「男」と格闘した女性作家たちの軌跡――長谷川啓著『家父長制と近代女性文学』”

978_4_7791_2461_7.jpg

 

※書籍の詳細は画像をクリックして下さい。