書評・広告掲載本

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

【書評】『大阪ミナミの子どもたち』――「朝日新聞」(2019年11月16日)にて

福祉行政の弱点 救う視点に力
評者は寺尾紗穂氏(音楽家・エッセイスト)

(……)

貧困は進むほどに、子どもの可能性を狭める。そこに国籍や外見の違いによる疎外感が加われば、自らのアイデンティティーに否定的な感情を持ってしまう。

日本の福祉の弱点は「パーソナルサポート」が行き届いておらず、制度の網の目から落ちて苦しむ人が多くいるためだ。(……)

「目の前の人間の幸福を考える」著者のような人びとの、各地での根気強い取り組みが息切れしないことを願う。

 

※書評全文は朝日新聞の「好書好日」ページへ

※掲載書籍の詳細は下記画像をクリックして下さい。

978_4_7791_2612_3.jpg