書評・広告掲載本

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

【書評】『世界とつながるハプスブルク帝国』 ――「読売新聞」にて

『世界とつながるハプスブルク帝国』の書評が掲載されました!

◆「著者は、同国は植民地を持たなかったが、その海外遠征事業は、いわば「植民地なき植民地主義」によって支えられていたと指摘する。西洋諸国と非西洋の関係性を問い直す上で、有益な視点である。」(評・奈良岡 聰智氏「読売新聞」2016.11.27付)

978_4_7791_2265_1.jpg

※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。