書評・広告掲載本

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

【書評】『わが愛しき福島の山』――「福島民友」にて

『わが愛しき福島の山』の書評が「福島民友」(2018年4月7日付)に掲載されました。

「著者がまず押さえるのは、信仰や、周辺の集落、温泉などの起源。中世から現代まで幅広い資料をひもとき、風俗から文学への言及も怠らない。もはや風土紀の趣だ。だが、やはり引き込まれるのは、著者の生々しい実体験の部分。新潟へと至る八十里越や、福島市松川の祭礼『羽山籠り』の臨場感は、山里の暮らしの息づかいや、神の領域と俗世とを行き来する緊張を伝えてくれる。」

978_4_7791_2445_7.jpg

※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。