お知らせ

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

『V・O・クリュチェフスキー』が「図書新聞」(10.10.20付)にて大きく書評されました。

VOkurichefusukii.jpg

ヴァシーリー・オシポーヴィチ・クリュチェフスキー(一八四一~一九一一年)の生涯と学問。国民意識の覚醒を目指したクリュチェフスキーの独特のスタイル と語りの芸術性を備えた講義録に新たな評価を加えるとともに、多面的な歴史家像の構築によって、その可能性を現代に蘇らせた労作。ロシア史研究に新しい刺 激を与える好著である。

「クリュチェフスキーは実証的な歴史研究だけでなく、聴講者すべてがロシアの過去に関心をもち、歴史の知識をつうじて国民意識を獲得できるようにするために、芸術的と称される講義に生涯を捧げた。その講義は一語一語、「大理石を磨き上げた」ようなことばによって叙述されたとバーンズはいう。レーニンも『ロシア史講義』をむさぼり読み、賞賛した。ボリシェヴィキは政権掌握後、これを国有化したが、政府の統制下におかれた五八人の著名作家のうち、唯一の歴史家がクリュチェフスキーだsった。」(図書新聞10.11.20付より)