お知らせ

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

『沖縄・ハワイ コンタクト・ゾーンとしての島嶼』が「沖縄タイムス」(7/3付)にて書評されました。

okinawahawaikontakutozon.jpg

人の移動が島嶼の文化、社会、自然環境にもたらしたものとは? 「王国」の時代、支配文化への同化、抵抗、文化変容、そして現在――さまざまな異文化接触(コンタクト)を体験してきた沖縄とハワイ、環太平洋。ハワイ大学との共同研究でその歴史と現状に迫る。叢書「琉球大学 人の移動と21世紀のグローバル社会 」の第1弾!

「いまだ、支配者の基地押し付けが続く中で、沖縄人は支配者の文化にどのように対応してきたかを振り返ることは大切である。その意味で、著書は基地問題を考える際の好著でもある。」(「沖縄タイムス」7.3付より)