お知らせ

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

『沖縄 読谷村「自治」への挑戦』が「週刊読書人10/2号」にて書評されました。

okinawayomitanmura.jpg

第2次大戦中、3700名余の人命を失った読谷村は、今でも米軍基地が村土の47%を占めている。平和と自治の村として注目される読谷村の歴史、現状を、福祉、地域、教育の視点から詳述。地域づくりの課題と可能性を示す論集

「沖縄の中の読谷村というひとつの地域を通して沖縄をみていくという本書の試みは、高校生、高齢者、子供などの住民という観点から平和、基地、安全保障をとらえていくことの重大さを伝えると同時に、共同体の持つ閉鎖性から今度外に向かって開かれた「新たな共同体」の構築を探る今度の課題を提示している。」(週刊読書人09.10.2号【山城 紀子 評】より)