お知らせ

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

『ジョルジュ・サンドと四人の音楽家』が「読売新聞」「信濃毎日新聞」に書評掲載!

※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

『ジョルジュ・サンドと四人の音楽家』の書評が「読売新聞」(2013.11.3)「信濃毎日新聞」(2013.12.8)に掲載されました!!

 

彩流社が送る新シリーズ『フィギュール彩』第3弾は、フランスの女性作家ジョルジュ・サンドの作品や日記を通して四人の音楽家たちとサンドの思想に迫ります。今後も『フィギュール彩』はスポーツ・医療問題などなど多彩なジャンルの刊行を予定しております!ぜひ!

「自身の感性や創造力を刺激した恋人のショパンを始め、親交のあったリスト、ベルリオーズ、マイヤベーアの存在を作品から浮かび上がらせる。『音楽こそ最高の芸術』という彼女の思想を考えるうえでも興味深い。」(「読売新聞」2013.11.3より)

「音楽家たちの作品の的確な解説が各章のあとに置かれているので、読者はこの著作から文学と音楽のこころよいハーモニーを楽しむことができる。ここ数十年来その価値が再評価され多方面からの研究が行われるようになっているサンドという懐の深い文学者が、音楽の可能性を文学で表現するために大きく貢献したということがひしひしと伝わってくる労作である。」(「信濃毎日新聞」山本 省氏【フランス文学者・信州大学名誉教授】2013.12.8より)

_________.jpg