書評・広告掲載本

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

【書評】『軍人と自衛官』――「図書新聞」(2020年2月1日)にて

2020 年 1 月 27 日 月曜日

『軍人と自衛官』が2020年2月1日の「図書新聞」にて紹介されました!

「あるべきシビリアン・コントロールとは何か」

統制強化論からの脱皮をはかる精緻な分析
評者 武蔵勝宏

「自衛隊を国防や国際貢献において積極的に運用するという観点からのシビリアン・コントロールを議論することは、
憲法学を中心とする日本の学界では、ほとんど重視されてこなかった。
本書は、こうした学問上の制約を冷戦期から冷戦後の諸学問の業績を検討した上で取り払い、
あるべきシビリアン・コントロールとは何かを学界のみならず一般社会にも問いかける意欲作である。」

以上、引用。

全文は図書新聞のHPをご覧ください。

書籍詳細は以下の書影をクリックしてください。

 

【書評】『不安の書』――「図書新聞」(2020年1月18日)にて

2020 年 1 月 16 日 木曜日

総称する/締め上げる「名」

いったい作家とは、作品とはなんなのだろうか

評者:荻世いをら氏(作家)

(続きを読む…)

【書評】『アメリカにおけるヒロシマ・ナガサキ観』――「図書新聞」(2020年1月11日)にて

2020 年 1 月 9 日 木曜日

「ポスト修正主義」を考察する重要性を強調
評者:中沢志保氏(文化学園大学・国際関係学)

(続きを読む…)

【紹介】『医療化するアメリカ』――「アポロニア21」2020年1月号にて

2020 年 1 月 8 日 水曜日

アメリカに学ぶ「社会の医療化」
(続きを読む…)

【書評】『アメリカにおけるヒロシマ・ナガサキ観』――「西日本新聞」(2019年12月21日)にて

2019 年 12 月 25 日 水曜日

教科書はどう教えてきたか
評者:青来有一氏(作家)

(続きを読む…)

【広告】「日経新聞」(2019年12月23日)

2019 年 12 月 23 日 月曜日

(続きを読む…)

【紹介】『2000勝投手はこうして誕生した』――「日経新聞」(2019年12月19日)

2019 年 12 月 23 日 月曜日

目利きが選ぶ3冊
(続きを読む…)

【広告】「読売新聞」(2019年12月19日)

2019 年 12 月 19 日 木曜日

2019年12月19日 木曜日

(続きを読む…)

【書評】『大阪ミナミの子どもたち』――「図書新聞」(2019年12月14日)にて

2019 年 12 月 14 日 土曜日

「誰かの靴をはいてみる」思考と実践
『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ著(新潮社)と同時書評
評者は髙谷幸氏(社会学)
全文は図書新聞のページへ

(続きを読む…)

【書評】『在日台湾人の戦後史』――「同時代史研究」第12号 2019年にて

2019 年 12 月 9 日 月曜日

評者は大橋史恵氏。

(続きを読む…)