お知らせ

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

なっとく!のシャンプー選び』が「社会新報」(6/30付)にて書評、「東京新聞」(6/1付)にて紹介されました。

2010 年 6 月 28 日 月曜日

nattokunoshanpuuerabi.jpg

タレントを起用した新キャッチで次から次へと販売されるシャンプー。髪と地肌のしくみから、無添加・自然派は安全か、成分表示の見方、CMを読み解く力ま でメーカー名・商品名入りでアドバイス。賢い消費者になるための本。

「本書の目玉は成績表だろう。売れているシャンプーを取り上げ、成分を採点し、合格・不合格を判定。テレビCMやポスターでお馴染みの、有名な商品が見事にバッサリと切られていく。採点に関連して、企業に問い合わせた経過も公開する。面白がってばかりもいられない。便利さと引き換えに、大量生産、利便性を追及し過ぎた現在、私たち消費者の選ぶ力が試されているのだろう。シャンプーをきっかけに一消費者として、自分なりに出来ることを考えさせられた。」(社会新報10.6.30付より)

「髪と地肌の仕組み、成分表示の読み方、合成シャンプーとせっけんシャンプーの違いなどを説明。十八商品の成分をチェックし成績表を公開。疑問はメーカーに問い合わせ、買う力、買わない力を身につけるよう提案する。」(東京新聞10.6.1より)

『花岡事件「鹿島交渉」の軌跡』が「佛教タイムス」(6.24号)にて大きく書評されました。

2010 年 6 月 28 日 月曜日

hanaokajikenkasimakoushounokikseki.jpg

花岡事件は日中友好の原点である!花岡事件鹿島建設交渉の代理人、石飛仁が和解にいたるまでの内幕、軌跡をすべて明らかにした衝撃ルポ!事件の生存者とともに展開される未払い賃金の補償交渉を通じて、知られざる真相が次々と明らかにされる。金子博文による詳細な解説。『悪魔の証明』増補改訂・改題。

「今回のまとめは、今までの総まとめの観があるが、戦中戦後の記録や資料と共に、花岡での蜂起関係など、貴重な写真も発掘して再録し、各種リストも収録している。天津の棚に積まれていた遺骨郡や、柿沢訪中団の天台宗僧侶による慰霊祭などの記録がまとめられている。」(佛教タイムス10.6.24号より)

早稲田大学生協コーププラザ店・思想哲学コーナーにて『来たるべき蜂起』のブックフェア開催中!!

2010 年 6 月 23 日 水曜日

wasedaseikyo_kitarubekihouki.jpg
早稲田大学生協コーププラザ店・思想哲学コーナーにて『来たるべき蜂起』のブックフェア開催中!!

以文社の「Vol 4」にて本書にまつわる記事も寄稿された知る人ぞ知る名書店員の永田さんが開催中のブックフェアです。

本書『来たるべき蜂起』はあのネグリも“焦っている”というほどの驚愕の本!!
まだまだ日本国内においては認知度が低く、小社も苦戦中ですが、どうかこれを読まれた方は早稲田大学生協コーププラザ店に行っていただきたいと思います。

アメリカで刊行された英語版も大変話題になり、長期間にわたってAmazonで上位にランクされております。
フランスで刊行されたものの翻訳ですが、現在の日本の閉塞状況や、若者の社会に対する不満や未来に対する不安への回答!?を与えてくれる内容かもしれません。

ぜひ一読お願いします!!

早稲田大学コーププラザ店
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-6-1
TEL03-3207-8611
FAX03-3207-8614

kitarubekihouki.jpg

★新しいアナキズムの潮流―グレーバー、ホロウェイetcーに位置する最新のフランス現代思想
アガンベン、バディウ、ボルタンスキーが震撼した,「タルナック事件」の深層。

2008年11月15日、フランスの寒村タルナックで共同生活を営む9名の若者が逮捕される。新幹線への「破壊工作」を名目にした事実上の思想弾圧 だった。押収された証拠物のひとつで、首謀者とされたジュリアン・クーパーがかかわったとされるのが本書『来るべき蜂起』である。弾圧は「タルナック事 件」として大メディアを席捲する論争へと発展。現代ヨーロッパを代表する哲学者ジョルジョ・アガンベン、アラン・バディウ、リュック・ボルタンスキー(因 みにクーパーは彼の弟子である)らが次々と抗議の声をあげる。問われているのは、現行の資本主義体制と、それに乗らない者への社会的排除が、テロリストと いう烙印のもと根拠なしの弾圧へと結実する、新しい統治の不気味さだ。
本書は“コミテ・アンヴィジブル(不可視委員会)”の名で2007年フランスにて発刊されている。フランスの政治・哲学雑誌で、ポスト・シチュアシオニス トを標榜する『ティクーン』誌の運動の流れのなかに位置する書物である。“スペクタクル・商品の支配に対する抵抗、情動の組織化としてのコミュニスム、そ して蜂起・内乱の契機”がここでは賭けられている。翻訳版では「タルナック事件」とその背景、恐慌後のヨーロッパ動乱の様子、またそれらの哲学的意味に迫 る解説を付す。

『北の海獣たち』が「日刊水産経済新聞」(6/21付)にて書評されました。

2010 年 6 月 22 日 火曜日

kitanokaijuutati.jpg

46年間、調査・研究に携わった著者が語る、フィールドで見つめたトド、アザラシ、オットセイの姿。研究者ならではの貴重な発見や苦労、裏話を公開し、海獣たちと人との共存と豊かな海の保全のあり方を探る。DVD附録付き

「著者とダイバーで保護活動家の藤田尚夫氏との対談「トドと海の話」は気軽に読み進められる。藤田氏は「漁業者も絶滅してはダメ」とエールを送り、迅速に共存への道を探る必要性を説く。」(日刊水産経済新聞6.21付より)

島森書店大船店にて“わが社の選りすぐり本”フェア開催!!

2010 年 6 月 3 日 木曜日

5/24より、島森書店大船店にて“わが社の選りすぐり本”フェア開催中!!

店長の田中さんの企画で、毎月2社~3社によるブックフェアをレジ前のフェア台にて開催しております。
今月は我が社「彩流社」と、同じ飯田橋のライバル!?「現代書館」、そして平和の棚の会の同志!?「梨の木舎」です。

_____________________6.JPG
レジ前の一番いい場所にあるフェア台にて、小出版社ばかりのフェア“わが社の選りすぐり本”を開催中!!
田中店長は、そうとうな目利きで、店長が作成するオール手書きのフェア配布用小冊子はぜひ一読していただきたい本当に素敵で読み応えのある冊子です。

_____________________5.JPG
永遠のライバル(弊社のほうが勝手にそう思っている)!? 現代書館との一騎打ち。結果はいかに。

_____________________2.JPG

_____________________4.JPG
島森書店大船店の客層にあった選書、古代史関連書を中心に並べていただきました。

_____________________1.JPG
文士のような風貌!?の田中店長。
まさに書店員のなかの書店員。
書店の“棚”にまつわる面白い話をたくさん聞かせていただきました。

このフェアは5/24~6/25頃まで開催予定です。

「島森書店大船店」
住所:神奈川県鎌倉市大船1-9-5
交通手段: JR大船駅(東海道線 横須賀線 根岸線)
電話:0467-46-3841
FAX:0467-47-1154
休日:元旦
営業時間:10:00 ~ 22:00 (休日)10:00~19:00

ぜひみなさまも島森書店大船店へ!!

文責:春日俊一

『早稲田学報』(10年2月号)にて「宮崎湖処子伝」が書評されました。

2010 年 1 月 18 日 月曜日

miyazakikoshosiden.jpg

明治期のベストセラー作家、そして田山花袋との交流、民友社時代の内田魯庵らとの論争…。後年の聖学院教授、宗教家としての活躍と、天皇主義への不可解な傾斜…。明治期の知識人の生涯を、詳細な史料探索で復元する初の評伝!

「湖処子全著作の渉猟を期し、現地調査中の新発見の書簡なども踏まえて、その少年期、早稲田時代が跡づけられ、民友社時代は文学活動が総括的に把握されていて意義深い。」(早稲田学報10.2月号より)

『金洙暎全詩集』が図書新聞(1/16付)にて大きく書評されました。

2010 年 1 月 12 日 火曜日

kimusuyonzensishuu.jpg

韓国現代詩史上に輝く民衆の詩人(民主詩人)の魁となった金洙暎の全てを収載。「詩のテーマは自由である。それは初期から死ぬ直前の詩まで、粘り強い探究対象をなし」、その営為と彼の詩的試みは新たな地平を拓いた。

「本書『金洙暎全詩集』は在日の戦後世代2人によって翻訳されたが、訳文は日本語としてよくこなれており、読みやすい。そして訳者は、底本にしている民音社の『金洙暎全詩集』も未発見だった作品「音楽」までも探し出して収録し、訳注も入れて読者の便に供している。こうした細部まで行き届いた訳業をもとに、この詩人は今後ますます日本で知られてよいだろう。」(図書新聞1.16より)

『憎悪と和解の大江山』が世界日報(11/29付)にて書評されました。

2009 年 12 月 7 日 月曜日

zouwotowakainoooe.jpg

第二次大戦中、香港で日本軍の捕虜となった英国軍兵士が体験した、京都・大江山俘虜収容所での強制労働とはどのようなものだったのか。苦悶の日々と、時を経た和解へ至る道を綴った手記。訳者による詳細な解説・資料を付す。

「第二次世界大戦終結40周年記念ドキュメンタリー番組を製作するために、日本のかつての収容所のあった加悦町を訪れる。この町では、町長を先頭に暖かい歓迎を受け、さらに慰霊碑も建てられていた。さらに京都・東山の霊山観音を訪れると、日本軍と戦って犠牲になった将兵のリストが保存されていた。彼は何千枚ものカードから、かつての戦友の名前を見つけ出すことができた。こうした思いもよらない体験が彼の心に「和解」の芽をめばえさせる。私もホッとする瞬間であった。」(世界日報11/29付より)

今度、弊社から刊行予定の書籍に使用予定の写真の著作権者を探しています。

2009 年 11 月 30 日 月曜日

barisuto_ura06.jpg

以下の写真を年末頃、弊社より刊行予定の書籍に掲載したいと考えておりますが、20年以上前の写真であるため、著作権者が判明しません。著作権者ご本人か、その方をご存知の方がいらっしゃいましたら、当社の春日まで(住所:〒102-0071 東京都千代田区富士見2-2-2 Tell03-3234-5931)ご連絡お願いします。
なお著作権者を証明いただくために、原板のネガの提出をお願いすることがありますので、その点ご了承ください。

撮影された場所は法政大学で、「黒ヘル」の方達の写真がメインで、80年~90年頃撮られたものと思われます。

bari______suto_a.jpg

barikeedo_1.jpg

gakkan_01.jpg

gakkan_03.jpg

gakkan_08.jpg

gakuseibuchoudankou_1.jpg

hontobira.jpg

itensositousou_1.jpg

kabaa_1.jpg

kabaa_2.jpg

kuroheru_1.jpg

kuruheru_hasiru.jpg

mukigenbarisuto_1.jpg

rokkuauto_1.jpg

sanritukanikiikessen.jpg

siramoto_02.jpg

souchoudankou_1.jpg

tobira_1.jpg

tobira_2.jpg

tobira_3.jpg

以上ご連絡お待ちしております。

『十六の墓標 (上・下)』が東京新聞(11/22付)の「ロングセラー」のコーナーにて紹介されました。

2009 年 11 月 24 日 火曜日

juurokunobohyou_jou.jpg

連合赤軍事件はなぜ起こったのか? 女性リーダーが、自らの生いたち、学生運動から革命運動への道、共産主義化と同志殺害、逮捕後の苛酷な取り調べ、長期間にわたる裁判、闘病生活等を、獄中から描く手記。

「追い詰められた試行錯誤の行為と思惑が、かたくなだが正直な文章で詳細に描かれる。もう一人の指導者・坂口弘『あさま山荘1972』も版を重ねてり、時代の負の遺産も忘れずに読み継がれている。」(東京新聞11.22付より)