お知らせ

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

《終了》【お知らせ】5月新刊『ポール・ド・マンの戦争』刊行同時!「トーク&サイン会」―「ポスト・トゥルースの現在を生き抜く批評理論」開催!!

2018年5月25日(金)19時00分より

東京・神保町の東京堂書店さんにて、彩流社の

ポール・ド・マンの戦争』(ド・マンの戦前から戦後までの思想変遷を辿る書)刊行に

伴い、2年前、『盗まれた廃墟』(ド・マンの戦後アメリカ時代の思想的立ち位置と

それを更に批評的差異を研ぎ澄まし、陰影を明確化した書)刊行時、同じく、

東京堂様でトークイベントを開催した

土田知則先生巽孝之先生』が、

再び、下記内容にて、トーク&サイン会を開催いたします。

ぜひ、お時間割かれうるようでしたらご参加の方、お願い申し上げます。

 

『ポール・ド・マンの戦争』(彩流社)刊行記念

土田知則さん&巽孝之さん トーク&サイン会

「ポスト・トゥルースの現在を生き抜く批評理論」

「脱構築の領袖」としてアメリカ批評界を席巻したポール・ド・マンが1983年に

死去した後に襲ったスキャンダル。

ド・マンはアメリカに渡る前に、ナチス政権下のベルギーの新聞に親ナチ的な記事を

書いていたことが暴かれ、厳しく批難・糾弾されました。

これが、いわゆる「ポール・ド・マン事件」です。

しかし、精査にその記事を読み解けば、一つの問題が浮上します。

ド・マンは、ナチ政権下で生き残るためにいかなるレトリックを使っていたのか?

その謎に挑んだのが、土田知則さんの新刊『ポール・ド・マンの戦争』です。

ド・マンの使ったレトリックには、政治家の発言やネットからのフェイク混じりの

ニュースなど、ポスト・トゥルースの時代といわれる現在を生きる我々が

真実を知るためのヒントが隠されているかも知れません。

2016年に『盗まれた廃墟 ポール・ド・マンのアメリカ』を上梓し、

ド・マンのテクストが読まれ続けている理由、そして、ベルギーから新天地アメリカに

渡ってからの全貌を明らかにした巽孝之さんをお招きし、

ド・マンが戦時下でどのようなレトリックを使ったのか、

そして、使わねばならなかったのかを徹底討議していただこうと思います。

ド・マンの構築した批評そのものはむろんのこと、

ポスト・トゥルースの時代における21世紀的な脱構築批評の意義をめぐって、

ぞんぶんに語っていただけることでしょう。

我が国におけるド・マン研究をリードするお二人の対話に、どうぞご期待ください。

 

土田知則……つちだ・とものり

1956年、長野県に生まれる。

1987年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。

現在、千葉大学大学院人文科学研究院教授。専門はフランス文学・文学理論。

著書に、『現代文学理論——テクスト・読み・世界』(共著、新曜社)、

『プルースト 反転するトポス』(新曜社)、『間テクスト性の戦略』(夏目書房)、

『ポール・ド・マン――言語の不可能性、倫理の可能性』(岩波書店)、

『現代思想のなかのプルースト』(法政大学出版局)ほか、

訳書にマーティン・マックィラン『ポール・ド・マンの思想』(新曜社)、

ジャック・デリダ『そのたびごとにただ一つ、世界の終焉』

(全2冊、共訳、岩波書店)、

ポール・ド・マン『読むことのアレゴリー

――ルソー、ニーチェ、リルケ、プルーストにおける比喩的言語』(岩波書店)、

バーバラ・ジョンソン『批評的差異――読むことの現代的修辞に関する試論集』

(法政大学出版局)ほかがある。

 

巽 孝之……たつみ・たかゆき

1955年、東京生まれ。コーネル大学大学院修了(Ph.D, 1987)。

慶應義塾大学文学部教授(アメリカ文学、現代批評理論)。

日本英文学会監事、日本アメリカ文学会会長、アメリカ学会理事、

北米学術誌 The Jourrnal of Transnational American Studies 編集委員などを務める。

主著に『サイバーパンク・アメリカ』

(勁草書房、1988 年度日米友好基金アメリカ研究図書賞)、

『メタフィクションの謀略』(筑摩書房)、

『ニュー・アメリカニズム』(青土社、1995年度福澤賞)、

『メタファーはなぜ殺される』(松柏社)『アメリカン・ソドム』(研究社)、

『リンカーンの世紀』(青土社)、

『「白鯨」アメリカン・スタディーズ』(みすず書房)、

『モダニズムの惑星』(岩波書店)、 Full Metal Apache (Duke UP)、

『盗まれた廃墟 ポール・ド・マンのアメリカ』(彩流社)など多数。

 

開催日時:2018年5月25日(金)19時00分~(開場18時30分)

開催場所:東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール

参加方法:参加費 500円(要予約)当日17時より1Fレジにて受付です

予約については、東京堂ホームページ『お申込みはこちら』のリンク先専用応募フォーム

http://www.tokyodo-web.co.jp/contact/#hall90 からされるか、

店頭、または電話【03-3291-5181】にて

「トークイベント参加希望、お名前・電話番号・参加人数」をお知らせください。

イベント前日から当日は、お電話のみでのご対応となります。

 

版元お問合せ先 彩流社 T:03-3234-5931 F:―5932

sairyusha@sairyusha.co.jp