お知らせ

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

彩流社の異能の編集者・河野の署名記事が掲載

「図書新聞」に掲載された河野の署名記事のタイトルは「こうして「フィギュール彩」は蘇生した!」です。
この秋、弊社が立ち上げた新シリーズ「フィギュール彩」の”すべて”がわかります。

詳しくは、添付の記事にお目通し頂けますと幸いです。

現在の最新刊は第5弾の『ルポ 精神医療につながれる子どもたち』(嶋田和子著)です。

12月初頭には20年振りに新装増補版として復活する、あの名著アラン・ブレイの『同性愛の社会史』が発売予定です。

今後も月に、1冊〜2冊のペースで刊行していく予定です。

彩流社の新たな試み、叢書「フィギュール彩」、どうぞよろしくお願い致します。1463968_573019369431791_1605171210_n.jpg