お知らせ

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

【紹介】「東京新聞」(2019年9月12日・夕)にて――フェルナンド・ペソア

「 癖になる? 異名の詩人 ポルトガルのフェルナンド・ペソア  作品集、続けて出版」

東京新聞の2019年9月12日夕刊5面の文化欄にてペソアと、弊社で今年刊行した『不安の書【増補版】』『アナーキストの銀行家』、グッズの紹介が掲載されました。

“ポルトガルの詩人フェルナンド・ペソア(1888~1935年)の散文集と短編集が今夏、相次ぎ出版された。アルベルト・カエイロ、リカルド・レイスなど、あたかも別人が試作したかのような数々の異名でも創作した作家。生前はほぼ無名で、死後に収納箱いったいに残された作品で世界的に知られ、今、日本でも読者を惹きつける。(…)”

 

※掲載書籍、関連書籍は下記画像をクリックして下さい。

978_4_88202_435_4.jpg

9784779126048.jpg

978_4_7791_2599_7.jpg

978_4_88202_583_2.jpg