イケ彩ダメ彩

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

「世界一美しい本を作る男GS」をめぐるカプリッチオ

2016 年 12 月 15 日 木曜日

先日、池袋演芸場の前で梅原圓朝氏に会った。 (続きを読む…)

観たもの紹介

2016 年 12 月 14 日 水曜日

こんにちは、ダーシーです。
8日担当だったのにウッカリ投稿し損ねてしまいました。師走にふさわしい忙しさ。インフルエンザやノロウイルスなども流行しているようですが、みなさんいかがお過ごしですか。

今日は最近観た映画や芝居のご紹介などしたいと思います。
ここ1ヶ月(11月半ば〜12月半ば)以内に観た映画や演劇は、ケネス・ブラナー・シアター『冬物語』(映像演劇)、燐光群『天使も嘘をつく』(演劇)、『わたしは真悟』(演劇)、『未来を花束にして』(試写映画)、『ニュートン・ナイト』(試写映画)、ケネス・ブラナー・シアター『エンターテイナー』(映像演劇)……仕事として拝見した作品も何作かありますが、観ている間は仕事を忘れ、すっかりいち観客となって、どの作品も楽しませて頂きました。本当は一つ一つ丁寧に紹介しようと思ったのですが、挙げてみると思ったより沢山観ていたのでやめておきます。ということで、今回は一言紹介に挑戦です。

◎ケネス・ブラナー・シアター『冬物語』(映像演劇)
シェイクスピア作品のなかでも難解といわれる『冬物語』。しかし人間の根源に芽生える嫉妬、そして赦し……こうした普遍的な心情の役作りが出来る役者の力に感服いたしました。

◎燐光群『天使も嘘をつく』(演劇)
坂手洋二さん作・演出、竹下景子さん出演の最新作。高江問題を取り扱った作品です。テレビなどのメディアに限界を感じた演劇の逆襲、一撃という印象を受けました。その場の空気をそのまま舞台に持ってきたような、リアルな言葉を聞くことが出来ます。

◎『わたしは真悟』(演劇)
楳図かずお先生の同名漫画をミュージカルにした舞台。フランスの天才振付師フィリップ・ドゥクフレが振り付けを担当しています。壮大なスケールの作品です。八歳の少女、しずか役の女優がよかったので、今後の彼女に注目です。

◎『未来を花束にして』(試写映画)
弊社から刊行予定の『イギリス女性参政権運動とプロパガンダ(仮)』(佐藤繭香先生)の関係で拝見させていただきました。女性の権利がいかにして得られたかがわかる作品です。上映中、あまりの悔しさに思わず歯を食いしばって見ていました。2017年1月上映予定。弊社の書籍と併せてどうぞ!

◎『ニュートン・ナイト』(試写映画)
弊社の書籍『メイキング・オブ・アメリカ』(阿部珠理先生)の関係で拝見いたしました。南北戦争の時代、人種や貧富の差別のない国をめざし指導者となった、実際にいたアメリカ人の物語。『公民権運動の歩兵たち』を担当させていただいた私としても、非常に興味深く、勉強になる作品でした。2017年2月上映予定。こちらも書籍と併せてどうぞ!

◎ケネス・ブラナー・シアター『エンターテイナー』(映像演劇)
ジョン・オズボーン原作の舞台。ケネス・ブラナー主演。人間の「生活」に漂う、孤独感や苛立ちが見事に描かれ、当時の社会に対する不満や皮肉が胸に刺さります。しがないエンターテイナーのタップダンスの靴音が、寂しく響くラストシーンは見事です。

以上ですっ!
担当日を逃してしまった負い目か、とても真剣に書きました。いずれかの作品にご興味をもっていただけた方、ぜひチェックしてみてください。
今年もそろそろ終わりますが、皆様お身体にはお気をつけて、どうぞ良い年末をお過ごしくださいませ!

(ダーシー)

 

年末ムード

2016 年 12 月 14 日 水曜日

もう12月も半分くらいまで着たので、ちらほら年末ムードが漂ってまいりました。

年末は普段ない業務も出てくるし、夜は寒くて、何度も起きる。(歳か!?)

良いことばかりではないですが、・・・・・・でもなんか、イイ!!

クリスマスもそうだし、行事が多くて。

街の雰囲気も生活も楽しい事が多くて浮き足だちます。テレビも特番が多い!

今年の残りも、体調を崩さず楽しみたいと思います。

 

事務員

 

 

 

読書会のすすめ…

2016 年 12 月 11 日 日曜日

唐突ですが、みなさんは読書会をしていますか?
あるいは、読書会をした経験、ありますか? (続きを読む…)

「憂国忌」に行ってきました。

2016 年 11 月 26 日 土曜日

本日、11月25日は、三島由紀夫の命日です。
(続きを読む…)

小雪

2016 年 11 月 24 日 木曜日

今日は東京は朝から雪でした。

11月の降雪としては54年ぶり、東京都心ではなんと観測史上初となる11月の積雪だったそうですね。

どうりで寒いはずです。

今シーズン初となる冬物のコート(昨日までは秋物のコートでした)にファーの襟巻、薄手のパーカーにヒートテック、その他に2枚も着込んで手袋もして出社してきました(そういえばコートの上にカッパも着ていました)。

それでも寒い…

 

そういえば先日11月22日は二十四節季のなかの小雪でした。

この小雪とはより寒くなって雪が降り始めるころ、という意味だそうです。時候の挨拶で二十四節季は使うものの、しばしば実際の季節感とは合わないことが多いのですがまさに今回はその通り。

次の二十四節季は12月7日の『大雪』。一層寒くなり雪がたくさん降り積もるころ、ということみたいです。

 

明日からは徐々に気温は戻るみたいですが、ここ最近の寒暖差は本当に大きいので、どうぞ皆様体調管理には十二分にお気をつけて下さいませ。

 

(事務員3号)

寒暖の差で鼻づまり?

2016 年 11 月 21 日 月曜日

アレルギー性鼻炎を患ってる方は多いと思いますが、最近苦しくてたまりません。

何のアレルギーだか分かりませんが、寒暖の差で鼻がつまる事もあるらしいです。

外出するとつまるので、原因はこれでしょうか!?

飲み薬も効きませんし、良い解消方法があったら、是非教えて下さい。

マスクをすると、若干マシな気も致します。

 

 

事務員

いぶりがっこ

2016 年 11 月 19 日 土曜日

こんにちは、ダーシーです。
風邪をひきました。一度治ったと思って油断していたら、ぶり返してかれこれ一週間。寒い毎日が続いております。みなさまも、体調にはお気をつけて。

今日は最近はまっているおつまみを紹介します。
もうだいぶポピュラーな料理らしいのですが、私は最近知りました。
「いぶりがっこのチーズ乗せ」です。
「いぶりがっこ」というのは秋田名物の漬け物で、燻製たくあんのこと。それにクリームチーズを乗せていただきます。
たくあんにクリームチーズ、という意外な食べ合わせですが、日本酒が欲しくなる味で絶品です。たくあんの食感を楽しむ一方、クリームチーズのまろやかさと燻製独特の香りの絡みを一口で堪能出来ます。
料理というほどの手間もかからない、夜の大人の一品。
是非みなさんもお試しあれ!

(ダーシー)

 

カタカナ表記についての愚考

2016 年 11 月 19 日 土曜日

今年は、かのシェイクスピア没後400年ということで、英文学関係者で盛り上がりを見せると思っていましたが、なかなか出版界も元気がなく、思っていたよりも寂しい気がします。
(続きを読む…)

予知と勘

2016 年 11 月 17 日 木曜日

ふと電気設備の配電盤のイメージが頭に浮かんだその日、自宅の電気が使えなくなりました。 (続きを読む…)