イケ彩ダメ彩

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

レジ袋と来年の抱負

もう今年も(今日を入れて)、残すところあと4日。

 

彩流社は明日12/29から1/3まで年末年始のお休みとなります。

 

今年は、政府の掲げている「働き方改革」の影響で年末年始に休業する飲食業・サービス業が多くなるというニュースを聞きました。

今のうちに食材を買いだめしておこうと考えている事務員3号です。

 

 

買い物、と言えば、最近のスーパーでは、レジ袋が有償だったり、断るとその分ポイントが溜まったりしますよね。

かと思えば、特に特典などなく、レジのスキャンの際に袋詰めまでしてくれる店舗もあります(コンビニなどはこのタイプですよね)。

 

この店員さんの袋詰め。

こちらの手間も減りますし、とても楽、といえば楽ではあるのですが……

個人的には結構こだわり?のようなものがありまして、店員の方がやって下さる店舗はありがたいのですが、『ごめんなさい』と心のなかで謝りつつ最終的に入れ直してしまうこともしばしば。

―――まあ、袋に詰めていただくときに入れ方の希望を伝えればよいのかもしれませんが、『細かいことを色々と言うな~っっ』と無言の叫びが返ってくるのではないかと、小心者の私は言えたことがありません。

 

たとえば、パックの牛乳・ジュースは立てるか寝かすか。卵は別の袋にするか、軽いものならその上に入れてもOKなのか。葉物の野菜はどう入れるか。魚のパックと肉のパックはそのまま入れるか、一度袋に入れてからか。などなど。

因みに私は、飲み物のパックは立て置き、卵は別の袋、葉物野菜は立て置き派です。

 

 

野菜などを保存する際の方法はこうやったらいい、というのがありますが買い物のレジ袋への入れ方なぞは一体全体正解はあるのかと考えネットで検索までしてみたりしたのですが、「これがベスト!!」などという記事もなく……

ましてや生鮮食品は近所でしか購入しないので、長くて10~20分間の話です。『我ながら細かい奴だな』、となんとなくモヤモヤしていたりもしたのですが、思い返せばどんな入れ方でも大概は実害は無く「これは、もしかしたら気にするか・しないかの差なんだっ!」と今さらながらに腹落ちしました。

 

ということで、来年は『豪放磊落』に、たくさん笑える年にしたいと思っております。

 

 

今年も一年、ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

(事務員3号)