イケ彩ダメ彩

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

「対話(ディアローグ)」について

2018 年 1 月 11 日 木曜日

昨年、米国独立リーグの野球選手 (続きを読む…)

あけましておめでとうございます。

2018 年 1 月 4 日 木曜日

久しぶりの投稿となってしまいました。ダーシーです。
2018年を迎えました。どうぞ新年もよろしくお願いいたします。

弊社は本日4日より仕事を始めております。
しかし年末年始 も平常と変わらず担当本の売れ行きが気になる毎日でした。ツイッターで呟かれていないかな、書店で売れてないかな……などなど。
売れている様子がわかると、年末年始も営業されている書店様と、読者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいになりました!
寒くて外出も億劫になる今、是非読書を楽しんでいただきたいです。寒さが辛い通勤通学の朝や帰り道も、読書をすれば束の間寒さを忘れます。
2018年の抱負を、読んでいる本の言葉から見つけても良いかもしれませんね。

私も今年の三月を終えれば、丸三年勤めていることになります。
去年は11冊の本を担当させていただいたので、今年はもっと沢山の本を、多くの方に読んでいただけるよう、丁寧に作ってまいりたいと思います!

(ダーシー)

ヒマラヤ天国トレッキング地獄

2018 年 1 月 1 日 月曜日

今年の旅はネパール。

ネパールは旅行しやすいところなのでほとんど準備も不用と思ったが、

とりあえずまわりの人に聴いてみると、ネパールは今はやめたほうがいいと、みんなが口をそろえて言う。

理由は、2年前に地震が起きてからまだ余震が続いている、地震で多くの史跡が壊れてしまったから見るところが少ない、インドが経済制裁をしているから貧困の度合いが大きくなり、本来やさしい人々も気が立っている…などなど。
しかし行ってみると、その噂は何だったのか! 上記のどれ一つも経験しなかった。

迷っているみなさん、ぜひ、まずは行ってみてください。白人バックパッカーであふれています。

もっとも編集部には、かつての内戦のころ、フラフラとポカラを歩きまわっていたという強者の先輩がいますが。

さて、寝る時間を削って仕事をして旅に突入したので、ネパールではぜひゆっくりのんびりする予定、だった。しかし――

「初心者向け」という言葉にだまされて、ヒマラヤトレッキング地獄を歩くことに。

あの名だたるアンナプルナ・トレッキングである。

人生であんなに歩いたのは初めてだ。歩兵かというぐらいだ。最初で最後にしたい。

始まったら引き返せないところが、なにかのバツゲームのようだった。それでもこの景色が見られるのは何にも代えられない。
神々しい姿に、こういう山は近づくことさえ許されないのではと思ってしまった。

DSCN0449.jpg
(馬やロバとよくすれちがう)

 

DSCN0387.jpg

DSCN0415.jpg

(洗濯物のむこうにヒマラヤが見える)
ネパールではなぜか、「忘れられる」ことが多かった。3品注文したら1品忘れる、2品注文したら1品忘れる(つまり1つしか出てこない!)

 

DSCN0367_1.jpg
(やっぱりモモは食べたい)
おかげで、ヒマラヤに行く前に予約しておいた宿で予約を忘れられ、従業員の部屋に泊まることに。天上が異様に低く、窓があるのに閉まらず、日がほとんどあたらない、半地下の細長い部屋。一人300円もしなかったから、良しとしよう。電卓を使っているのに計算間違いが多いのも不思議だった。

 

DSCN0516.jpg
(魚屋をしばしば見かけたが、魚料理はなかったなあ)
これまで歩いたどのアジアの国よりも、ネパールは路上の犬にみんなが優しかった。路上に犬用の食べ物があるし、肉屋のおじさんは肉をあげていた。

DSCN0538.jpg
(ちょうど一年で最大のお祭りダサインからティハールにかけての時期に重なった。玄関のところに女神ラクシュミを迎えるように光をかざる。

 

DSCN0496.jpg

DSCN0539.jpg

(路上の犬も花輪をかけてもらっている!)
ただのバックパック旅行だが、私は旅先で歩くとき、いつも故・村井吉敬さんを心に抱いている。来年も、村井さんを心の友にして、庶民の暮らしの中を歩こうと思う。(アップしている間に新年になってしまった出口)

レジ袋と来年の抱負

2017 年 12 月 28 日 木曜日

もう今年も(今日を入れて)、残すところあと4日。

 

彩流社は明日12/29から1/3まで年末年始のお休みとなります。

 

今年は、政府の掲げている「働き方改革」の影響で年末年始に休業する飲食業・サービス業が多くなるというニュースを聞きました。

今のうちに食材を買いだめしておこうと考えている事務員3号です。

 

 

買い物、と言えば、最近のスーパーでは、レジ袋が有償だったり、断るとその分ポイントが溜まったりしますよね。

かと思えば、特に特典などなく、レジのスキャンの際に袋詰めまでしてくれる店舗もあります(コンビニなどはこのタイプですよね)。

 

この店員さんの袋詰め。

こちらの手間も減りますし、とても楽、といえば楽ではあるのですが……

個人的には結構こだわり?のようなものがありまして、店員の方がやって下さる店舗はありがたいのですが、『ごめんなさい』と心のなかで謝りつつ最終的に入れ直してしまうこともしばしば。

―――まあ、袋に詰めていただくときに入れ方の希望を伝えればよいのかもしれませんが、『細かいことを色々と言うな~っっ』と無言の叫びが返ってくるのではないかと、小心者の私は言えたことがありません。

 

たとえば、パックの牛乳・ジュースは立てるか寝かすか。卵は別の袋にするか、軽いものならその上に入れてもOKなのか。葉物の野菜はどう入れるか。魚のパックと肉のパックはそのまま入れるか、一度袋に入れてからか。などなど。

因みに私は、飲み物のパックは立て置き、卵は別の袋、葉物野菜は立て置き派です。

 

 

野菜などを保存する際の方法はこうやったらいい、というのがありますが買い物のレジ袋への入れ方なぞは一体全体正解はあるのかと考えネットで検索までしてみたりしたのですが、「これがベスト!!」などという記事もなく……

ましてや生鮮食品は近所でしか購入しないので、長くて10~20分間の話です。『我ながら細かい奴だな』、となんとなくモヤモヤしていたりもしたのですが、思い返せばどんな入れ方でも大概は実害は無く「これは、もしかしたら気にするか・しないかの差なんだっ!」と今さらながらに腹落ちしました。

 

ということで、来年は『豪放磊落』に、たくさん笑える年にしたいと思っております。

 

 

今年も一年、ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

(事務員3号)

年末年始

2017 年 12 月 22 日 金曜日

花粉症に悩まされ鼻をぐずぐずとしていたら、暑い暑いと言いはじめ、気づいたら寒くてコートを引っ張り出して、今に至ります。 (続きを読む…)

荒巻義雄書き下ろし長編、日本SF大賞最終候補に!

2017 年 12 月 20 日 水曜日

この度、
荒巻義雄先生が84歳で書き下ろした最新長編SF『もはや宇宙は迷宮の鏡のように』が、第38回日本SF大賞の最終候補作に選ばれました。
第36回の日本SF大賞の折には、「定本 荒巻義雄メタSF全集+別巻」が最終候補に残るも、
企画そのものエントリー、ノミネートなのかなどとの選評もあり、惜しくも落選した苦い思いが、
編集担当した身としては甦って参りますが、今回の書き下ろしはどうなるのか…。

いずれにせよ、最終選考は2月にありますが、選考委員の方々の一任されるわけでございます。
みなさん、しっかりした批評眼をお持ちだと思いますので、どのような「読み」をされるのか、とてもワクワクしております。 (続きを読む…)

私・今・そして/あるいは紙々の黄昏

2017 年 12 月 7 日 木曜日

この「季節」がやってきた。ここ数年、 (続きを読む…)

銀杏並木

2017 年 11 月 10 日 金曜日

立冬も過ぎ、暦の上ではもう冬です。

が、東京の10月は雨の日ばかりで肌寒かったのがウソのように、ここ数日は穏やかな天気で洗濯物も良く乾き、秋ですね~。

さすがに気温は下がり始め、朝、布団から抜けるのが難しくなりつつありますが…。

 

毎年、秋になると楽しみにしているのがイチョウの紅葉です。

 

 

 

近所に某大学の銀杏並木があり、駅までの近道でそこを毎日通っているのですが、秋晴れの空の青と葉っぱの黄色のコントラスト、緑からのグラデーションがきれいで、毎朝少し得をした気分になりながらこの季節は出勤しています。

 

この写真は去年のもので、今年は変な天候だったせいか色づくにはもう少し時間がかかりそうです。

 

(事務員3号)

11月に入りました

2017 年 11 月 2 日 木曜日

10月のハロウィンが終わって、イベント事はクリスマスまでの小休止ですね。

毎年ですが、秋冬は楽しいイベントが多くてワクワクします。

それと比例して出費もかさみますが・・・・・・

10月は台風が2回も来たのでアレルギー性鼻炎を発症して、後に悪化してしまいました。

皆様も病気に気をつけながら、クリスマスをむかえましょう!

 

 

事務員

政治を市民の手に取り戻すための実践

2017 年 10 月 26 日 木曜日

10月22日の衆院選と同じ日に、私の地元・鎌倉で市長選挙が行われた。
その個人的なとりくみをご紹介させていただきたい。
(続きを読む…)